Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古田 紹欽(ふるた しょうきん、1911年5月22日 - 2001年1月31日)は仏教、禅を思想面から研究した日本の仏教学者(文学博士)。岐阜県山県郡伊自良村大森(現在の山県市)に生まれる。父の死後に東光寺、後に慈恩寺で生活し、東京大学文学部印度哲学梵文学科に進学する。卒業後は鈴木大拙に師事した。禅の思想的研究を進め、特に禅僧の問答集である語録の研究に専念した。北海道大学教授を経て、日本大学教授を歴任し、鈴木大拙の没後は財団法人松ヶ岡文庫の文庫長を継いだ。他に出光美術館、日本宗教学会、日本印度学仏教学会の理事を歴任した。師・鈴木大拙の『全集』や「回想・伝記」を始め、禅宗の関連出版で久松真一、柳田聖山、鎌田茂雄と並び、編集委員を多く務めた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 324909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58931789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古田 紹欽(ふるた しょうきん、1911年5月22日 - 2001年1月31日)は仏教、禅を思想面から研究した日本の仏教学者(文学博士)。岐阜県山県郡伊自良村大森(現在の山県市)に生まれる。父の死後に東光寺、後に慈恩寺で生活し、東京大学文学部印度哲学梵文学科に進学する。卒業後は鈴木大拙に師事した。禅の思想的研究を進め、特に禅僧の問答集である語録の研究に専念した。北海道大学教授を経て、日本大学教授を歴任し、鈴木大拙の没後は財団法人松ヶ岡文庫の文庫長を継いだ。他に出光美術館、日本宗教学会、日本印度学仏教学会の理事を歴任した。師・鈴木大拙の『全集』や「回想・伝記」を始め、禅宗の関連出版で久松真一、柳田聖山、鎌田茂雄と並び、編集委員を多く務めた。
rdfs:label
  • 古田紹欽
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of