Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古玉(ぴーしゆう)とは翡翠などの玉で作られた中国の工芸品のうち、一般に、秦および漢より前に作られた物をいい、古い物は興隆窪文化や紅山文化など新石器時代にまで遡る。動物や人間、竜などの神格や、雷紋などの呪術的なシンボルを象った物が多く、宗教的な意味合いが深い物であったと考えられている。材質は主に軟玉(ネフライト)である場合が多いが、硬玉(ジェダイト)や滑石、瑪瑙なども使われた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1034542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54837791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古玉(ぴーしゆう)とは翡翠などの玉で作られた中国の工芸品のうち、一般に、秦および漢より前に作られた物をいい、古い物は興隆窪文化や紅山文化など新石器時代にまで遡る。動物や人間、竜などの神格や、雷紋などの呪術的なシンボルを象った物が多く、宗教的な意味合いが深い物であったと考えられている。材質は主に軟玉(ネフライト)である場合が多いが、硬玉(ジェダイト)や滑石、瑪瑙なども使われた。
rdfs:label
  • 古玉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of