Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古物営業法(こぶつえいぎょうほう、昭和24年5月28日法律第108号)は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的として制定された法律である。この法律以前の古物商取締法(明治28年法律第13号)は廃止となった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 672309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51701705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 古物商の営業について
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --05-28
prop-ja:種類
prop-ja:関連
  • 電子署名及び認証業務に関する法律、刑法など
prop-ja:題名
  • 古物営業法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古物営業法(こぶつえいぎょうほう、昭和24年5月28日法律第108号)は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的として制定された法律である。この法律以前の古物商取締法(明治28年法律第13号)は廃止となった。
rdfs:label
  • 古物営業法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of