Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古代山城(こだいさんじょう)は、城郭の一種である。飛鳥時代から奈良時代にかけて築かれた山城のうち、現代でいうところの朝鮮半島にあった国々との類似点が指摘されるものを一般に指す。朝鮮式山城(ちょうせんしきやまじろ)と呼称される例もあるが、この呼称は定義は未確定であり、そもそも古代日本の資料には「朝鮮」という呼び方は一切無いので、考古学上は単に古代山城と呼ばれる。由来がはっきりしない山城は、神籠石式山城と呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 558388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58012661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:float
  • right
prop-ja:reference
  • 福岡県立図書館郷土資料課、2011年(リンクは福岡県立図書館)
prop-ja:width
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古代山城(こだいさんじょう)は、城郭の一種である。飛鳥時代から奈良時代にかけて築かれた山城のうち、現代でいうところの朝鮮半島にあった国々との類似点が指摘されるものを一般に指す。朝鮮式山城(ちょうせんしきやまじろ)と呼称される例もあるが、この呼称は定義は未確定であり、そもそも古代日本の資料には「朝鮮」という呼び方は一切無いので、考古学上は単に古代山城と呼ばれる。由来がはっきりしない山城は、神籠石式山城と呼ばれる。
rdfs:label
  • 古代山城
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:struct of
is foaf:primaryTopic of