古ノルド語(こノルドご、norrønt mál、 英語: Old Norse,ON)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。 一般には、8世紀から14世紀にかけて、スカンディナヴィア人やスカンディナヴィア出身の入植者たちによって用いられていたであろう言語を指す。時代区分を2世紀から8世紀とする文献もある。 アイスランド語の書物『』(en)は、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、デンマーク人がdǫnsk tungaと呼ばれる同一の言語を話していた、と記している。スウェーデンやデンマークといった、東部の方言を話していた人々は、自身の言葉をdansk tunga(デーン人の言語)あるいはnorrønt mál(北方人の言葉)と呼んでいた。

Property Value
dbo:abstract
  • 古ノルド語(こノルドご、norrønt mál、 英語: Old Norse,ON)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。 一般には、8世紀から14世紀にかけて、スカンディナヴィア人やスカンディナヴィア出身の入植者たちによって用いられていたであろう言語を指す。時代区分を2世紀から8世紀とする文献もある。 アイスランド語の書物『』(en)は、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、デンマーク人がdǫnsk tungaと呼ばれる同一の言語を話していた、と記している。スウェーデンやデンマークといった、東部の方言を話していた人々は、自身の言葉をdansk tunga(デーン人の言語)あるいはnorrønt mál(北方人の言葉)と呼んでいた。 (ja)
  • 古ノルド語(こノルドご、norrønt mál、 英語: Old Norse,ON)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。 一般には、8世紀から14世紀にかけて、スカンディナヴィア人やスカンディナヴィア出身の入植者たちによって用いられていたであろう言語を指す。時代区分を2世紀から8世紀とする文献もある。 アイスランド語の書物『』(en)は、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、デンマーク人がdǫnsk tungaと呼ばれる同一の言語を話していた、と記している。スウェーデンやデンマークといった、東部の方言を話していた人々は、自身の言葉をdansk tunga(デーン人の言語)あるいはnorrønt mál(北方人の言葉)と呼んでいた。 (ja)
dbo:iso6392Code
  • non
dbo:iso6393Code
  • non
dbo:languageFamily
dbo:spokenIn
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 39886 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19591 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79811633 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:extinct
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ (ja)
  • インド・ヨーロッパ (ja)
prop-ja:iso
  • non (ja)
  • non (ja)
prop-ja:name
  • 古ノルド語 (ja)
  • 古ノルド語 (ja)
prop-ja:nativename
  • norrœnt mál (ja)
  • norrœnt mál (ja)
prop-ja:region
prop-ja:script
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 古ノルド語(こノルドご、norrønt mál、 英語: Old Norse,ON)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。 一般には、8世紀から14世紀にかけて、スカンディナヴィア人やスカンディナヴィア出身の入植者たちによって用いられていたであろう言語を指す。時代区分を2世紀から8世紀とする文献もある。 アイスランド語の書物『』(en)は、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、デンマーク人がdǫnsk tungaと呼ばれる同一の言語を話していた、と記している。スウェーデンやデンマークといった、東部の方言を話していた人々は、自身の言葉をdansk tunga(デーン人の言語)あるいはnorrønt mál(北方人の言葉)と呼んでいた。 (ja)
  • 古ノルド語(こノルドご、norrønt mál、 英語: Old Norse,ON)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。古北欧語(こほくおうご)とも。 一般には、8世紀から14世紀にかけて、スカンディナヴィア人やスカンディナヴィア出身の入植者たちによって用いられていたであろう言語を指す。時代区分を2世紀から8世紀とする文献もある。 アイスランド語の書物『』(en)は、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、デンマーク人がdǫnsk tungaと呼ばれる同一の言語を話していた、と記している。スウェーデンやデンマークといった、東部の方言を話していた人々は、自身の言葉をdansk tunga(デーン人の言語)あるいはnorrønt mál(北方人の言葉)と呼んでいた。 (ja)
rdfs:label
  • 古ノルド語 (ja)
  • 古ノルド語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 古ノルド語 (ja)
  • norrœnt mál (ja)
  • 古ノルド語 (ja)
  • norrœnt mál (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commonLanguages of
is prop-ja:eponym of
is prop-ja:language of
is prop-ja:languages of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:公用語 of
is foaf:primaryTopic of