Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 口腔外科学(こうくうげかがく、英語:oral surgery)は、外科学、歯学の一分野で、顎顔面口腔領域の外科学的処置について研究、分析を行う学問である。1850年代ごろのアメリカにおいて顎顔面口腔の手術を疎む傾向があり、その頃より口腔外科学が外科学から独立し始めた。歯科補綴学、保存修復学とともに歯学の根幹をなす学問の一つである。診療科としては「歯科口腔外科」と呼ばれているが、診療科「歯科」においても口腔外科学における小手術が臨床に応用され、歯学全体の基盤となる学問の一つとして存在している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57966 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50647936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 口腔外科学(こうくうげかがく、英語:oral surgery)は、外科学、歯学の一分野で、顎顔面口腔領域の外科学的処置について研究、分析を行う学問である。1850年代ごろのアメリカにおいて顎顔面口腔の手術を疎む傾向があり、その頃より口腔外科学が外科学から独立し始めた。歯科補綴学、保存修復学とともに歯学の根幹をなす学問の一つである。診療科としては「歯科口腔外科」と呼ばれているが、診療科「歯科」においても口腔外科学における小手術が臨床に応用され、歯学全体の基盤となる学問の一つとして存在している。
rdfs:label
  • 口腔外科学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:活動領域 of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of