Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 反応機構(はんのうきこう、reaction mechanism)とは、ある化学反応において出発物質がどのような過程を経て最終生成物に変化していくかを指す。反応経路(はんのうけいろ、reaction pathway)と呼ばれることもある。なお反応経路の語は反応機構を意味する以外に、原料物質から最終目的物に到達するまでの一連の化学反応の組み合わせを指す場合があるが、この用法ではその一連の化学反応を合成、代謝などに位置づけて合成経路、代謝経路といった用語を使う方が曖昧さが無くてよい。反応機構は大きく分けて2つの要素からなる。1つは出発物質が途中にどのような物質を経て最終生成物に至るかである。この途中に経る物質を反応中間体という。もう1つは出発物質が反応中間体、そして最終生成物に至る各反応段階において、原子同士が化学結合を生成したり開裂させたりする際にどのようにして結合が生成・開裂していくか、すなわち遷移状態がどのような形態をとっているかである。反応機構の物理化学的解釈は記事 遷移状態理論、分子動力学に詳しい。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 429208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46979459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 反応機構(はんのうきこう、reaction mechanism)とは、ある化学反応において出発物質がどのような過程を経て最終生成物に変化していくかを指す。反応経路(はんのうけいろ、reaction pathway)と呼ばれることもある。なお反応経路の語は反応機構を意味する以外に、原料物質から最終目的物に到達するまでの一連の化学反応の組み合わせを指す場合があるが、この用法ではその一連の化学反応を合成、代謝などに位置づけて合成経路、代謝経路といった用語を使う方が曖昧さが無くてよい。反応機構は大きく分けて2つの要素からなる。1つは出発物質が途中にどのような物質を経て最終生成物に至るかである。この途中に経る物質を反応中間体という。もう1つは出発物質が反応中間体、そして最終生成物に至る各反応段階において、原子同士が化学結合を生成したり開裂させたりする際にどのようにして結合が生成・開裂していくか、すなわち遷移状態がどのような形態をとっているかである。反応機構の物理化学的解釈は記事 遷移状態理論、分子動力学に詳しい。
rdfs:label
  • 反応機構
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of