Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 反復型開発(はんぷくがたかいはつ、Iterative and Incremental Development)とは、より古典的なウォーターフォール・モデルの弱点を克服すべく開発されたソフトウェア開発工程の手法。反復型開発の中でもRADとDSDMは良く知られたフレームワークである。反復型開発はエクストリーム・プログラミングや他のアジャイルソフトウェア開発フレームワークの基本的要素でもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 893717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58110669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 反復型開発(はんぷくがたかいはつ、Iterative and Incremental Development)とは、より古典的なウォーターフォール・モデルの弱点を克服すべく開発されたソフトウェア開発工程の手法。反復型開発の中でもRADとDSDMは良く知られたフレームワークである。反復型開発はエクストリーム・プログラミングや他のアジャイルソフトウェア開発フレームワークの基本的要素でもある。
rdfs:label
  • 反復型開発
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of