Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 生物学で言う反射(はんしゃ、英: reflex or spianl reflex)は、動物の生理作用のうち、特定の刺激に対する反応として意識されることなく起こるものを指す。普通、反射という言葉を使う対象は意識の存在が(曖昧にではあっても)確かめられる脊椎動物に限られる。たとえば昆虫が光に集まる、ゾウリムシが水面近くに集まるというような走性は反射と呼ばない。ヒトの反射でもっともよく知られたものに、膝蓋腱を叩くと下腿が跳ね上がる膝蓋腱反射がある。条件反射は定義によっては反射に含まれるが、ここでは扱わない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 373684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58771661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 生物学で言う反射(はんしゃ、英: reflex or spianl reflex)は、動物の生理作用のうち、特定の刺激に対する反応として意識されることなく起こるものを指す。普通、反射という言葉を使う対象は意識の存在が(曖昧にではあっても)確かめられる脊椎動物に限られる。たとえば昆虫が光に集まる、ゾウリムシが水面近くに集まるというような走性は反射と呼ばない。ヒトの反射でもっともよく知られたものに、膝蓋腱を叩くと下腿が跳ね上がる膝蓋腱反射がある。条件反射は定義によっては反射に含まれるが、ここでは扱わない。
rdfs:label
  • 反射 (生物学)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of