Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 原子物理学(げんしぶつりがく、英語: atomic physics)は、原子を対象とする物理学である。原子自体の性質や構造はもちろん、その構成要素である電子や原子核、原子同士の結合なども広義には対象となる。日常経験するような古典力学が成立するレベルの物理現象では原子の存在や性質まで考える必要があることはほとんどないが、例えば光電効果や光の放射といった現象では原子内部の電子の運動が重要になり、10-10m(1cmの一億分の一に等しい)といった原子サイズの大きさではニュートン力学は通用せず、量子力学が必要となってくるのである。原子物理学は19世紀後半から20世紀前半にかけて、量子力学と密接に関わりながら急速に発達し、量子論建設に重大な影響を及ぼした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 126654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51009882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 原子物理学(げんしぶつりがく、英語: atomic physics)は、原子を対象とする物理学である。原子自体の性質や構造はもちろん、その構成要素である電子や原子核、原子同士の結合なども広義には対象となる。日常経験するような古典力学が成立するレベルの物理現象では原子の存在や性質まで考える必要があることはほとんどないが、例えば光電効果や光の放射といった現象では原子内部の電子の運動が重要になり、10-10m(1cmの一億分の一に等しい)といった原子サイズの大きさではニュートン力学は通用せず、量子力学が必要となってくるのである。原子物理学は19世紀後半から20世紀前半にかけて、量子力学と密接に関わりながら急速に発達し、量子論建設に重大な影響を及ぼした。
rdfs:label
  • 原子物理学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:description of
is prop-ja:field of
is foaf:primaryTopic of