Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 原子力空母(げんしりょくくうぼ)とは、軍用航空機を海上で運用することを目的に作られた航空母艦(空母)のうち、原子炉を搭載し核反応による反応熱を熱源とする機関を備える戦闘用の船である。全てが原子炉と蒸気タービンを備えた大型の艦船であり、長大な航続力を誇る。原子力空母は英語では nuclear-powered aircraft carrier と表記されることが多い。アメリカ海軍で用いられている記号 CVN は、「原子力汎用航空母艦(Multi-purpose Aircraft Carrier (Nuclear-Propulsion))」を意味する船体分類記号であり、Carrier Vessel Nuclear の略称に由来する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57181316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 世界初の原子力空母「エンタープライズ」(左奥)と仏海軍の「シャルル・ド・ゴール」(右前)
  • ニミッツ級の「ジョージ・H・W・ブッシュ」
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • US Navy 110129-N-3885H-179 USS George H.W. Bush is underway in the Atlantic Ocean.jpg
  • USS Enterprise FS Charles de Gaulle.jpg
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 原子力空母(げんしりょくくうぼ)とは、軍用航空機を海上で運用することを目的に作られた航空母艦(空母)のうち、原子炉を搭載し核反応による反応熱を熱源とする機関を備える戦闘用の船である。全てが原子炉と蒸気タービンを備えた大型の艦船であり、長大な航続力を誇る。原子力空母は英語では nuclear-powered aircraft carrier と表記されることが多い。アメリカ海軍で用いられている記号 CVN は、「原子力汎用航空母艦(Multi-purpose Aircraft Carrier (Nuclear-Propulsion))」を意味する船体分類記号であり、Carrier Vessel Nuclear の略称に由来する。
rdfs:label
  • 原子力空母
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of