Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 原始反射(げんしはんしゃ、英: primitive reflexes)は、神経学的に手付かずではない大人は示さないが、正常な幼児が特有の刺激に応えて示す中枢神経系由来の反射行動である。これらの反射は、子供が正常に成長し前頭葉が発達すると失われる。非定型の神経学的性質を持つ年齢を重ねた子供や大人(例えば脳性麻痺の人々)はこれらの反射を保持していることがあり、原始反射が大人にも再び現われることがある。原始反射の再出現は、(これらには限らないが)認知症(特に前頭側頭葉変性症と呼ばれる一連の稀な病気)や外傷性損傷、脳卒中を含む特定の神経学的症状に帰せられる。脳性麻痺者や標準的な知能を持つ者はこれらの反射を抑えることを学ぶことができるが、特定の条件下(非常に強い驚愕反応の間)では反射が再び表面化しうる。反射は非定型の神経学的性質によって影響を受けた領域に限定される(脚にのみ影響のある脳性麻痺者はバビンスキー反射を保持しているが、正常な言語能力を持つ)。片まひの人は、影響のある側の脚にのみ反射が見られる。原始反射は脳損傷の疑いがある時に前頭葉の機能を検証する目的で主に調べられる。もし原始反射が適切に抑制されていなければ、これらは前頭葉徴候と呼ばれる。非定型原始反射は、自閉症スペクトラムの初期の徴候の可能性としても研究されている。原始反射は錐体外路機能(多くは誕生時に既に存在する)によって伝えられる。これらはミエリン化の進行と共に皮質脊髄路が機能的を獲得すると失われる。これらは、様々な理由によって錐体路の機能が失われた大人や子供で再び現われることがある。しかしながら、「Amiel-Tisonの神経学的評価法」の出現により、小児集団におけるこういった反射の評価の重要性が低下している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3148710 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54630178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 原始反射(げんしはんしゃ、英: primitive reflexes)は、神経学的に手付かずではない大人は示さないが、正常な幼児が特有の刺激に応えて示す中枢神経系由来の反射行動である。これらの反射は、子供が正常に成長し前頭葉が発達すると失われる。非定型の神経学的性質を持つ年齢を重ねた子供や大人(例えば脳性麻痺の人々)はこれらの反射を保持していることがあり、原始反射が大人にも再び現われることがある。原始反射の再出現は、(これらには限らないが)認知症(特に前頭側頭葉変性症と呼ばれる一連の稀な病気)や外傷性損傷、脳卒中を含む特定の神経学的症状に帰せられる。脳性麻痺者や標準的な知能を持つ者はこれらの反射を抑えることを学ぶことができるが、特定の条件下(非常に強い驚愕反応の間)では反射が再び表面化しうる。反射は非定型の神経学的性質によって影響を受けた領域に限定される(脚にのみ影響のある脳性麻痺者はバビンスキー反射を保持しているが、正常な言語能力を持つ)。片まひの人は、影響のある側の脚にのみ反射が見られる。原始反射は脳損傷の疑いがある時に前頭葉の機能を検証する目的で主に調べられる。もし原始反射が適切に抑制されていなければ、これらは前頭葉徴候と呼ばれる。非定型原始反射は、自閉症スペクトラムの初期の徴候の可能性としても研究されている。原始反射は錐体外路機能(多くは誕生時に既に存在する)によって伝えられる。これらはミエリン化の進行と共に皮質脊髄路が機能的を獲得すると失われる。これらは、様々な理由によって錐体路の機能が失われた大人や子供で再び現われることがある。しかしながら、「Amiel-Tisonの神経学的評価法」の出現により、小児集団におけるこういった反射の評価の重要性が低下している。
rdfs:label
  • 原始反射
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of