Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 原始人(げんしじん)とは、初期人類(猿人から原人)や初期の新人を指す語で、英語の early man の訳語であるが、正式な学術用語ではなく、従って、定まった定義もない。マスコミが差別語に関して規制をかけるようになる以前(1970年代半ば頃まで)は、現代において文明からかけ離れた生活様式を維持している部族・民族を表す言葉としてもしばしば用いられた。一般的には、第二次世界大戦前に西洋社会で広まったネアンデルタール人類像、すなわち、毛皮をまとい、石斧もしくは棍棒を武器として使用する狩猟民族であるとするイメージで代表される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 922754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3063 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56976006 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 原始人(げんしじん)とは、初期人類(猿人から原人)や初期の新人を指す語で、英語の early man の訳語であるが、正式な学術用語ではなく、従って、定まった定義もない。マスコミが差別語に関して規制をかけるようになる以前(1970年代半ば頃まで)は、現代において文明からかけ離れた生活様式を維持している部族・民族を表す言葉としてもしばしば用いられた。一般的には、第二次世界大戦前に西洋社会で広まったネアンデルタール人類像、すなわち、毛皮をまとい、石斧もしくは棍棒を武器として使用する狩猟民族であるとするイメージで代表される。
rdfs:label
  • 原始人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of