Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 原 一司(はら かずし、1915年(大正4年)1月1日 - 1957年(昭和32年)2月5日)は日本の漫画家。東京都出身。明治大学文芸科に学ぶ。宮尾しげをに師事。1934年、投稿作品が「東京日日新聞」に入選。同年秋より「現代」「雄辯」「富士」「講談倶楽部」(いずれも大日本雄辯會講談社)に大人漫画を描く。1936年、児童漫画に転向。「幼年倶楽部」「少年倶楽部」「少女倶楽部」「講談社の絵本」に執筆。1944年応召、満州へ。復員ののち漫画再開。代表作『カンラ・カラ兵衛』は時代劇なのに刀を使えないというGHQの制約を受けながら、その当時の戦場からの復員や尋ね人など時代世相を下敷きに、親子の情愛と温かみ、明朗快活さで人気を得る。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1309390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52075808 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 原 一司(はら かずし、1915年(大正4年)1月1日 - 1957年(昭和32年)2月5日)は日本の漫画家。東京都出身。明治大学文芸科に学ぶ。宮尾しげをに師事。1934年、投稿作品が「東京日日新聞」に入選。同年秋より「現代」「雄辯」「富士」「講談倶楽部」(いずれも大日本雄辯會講談社)に大人漫画を描く。1936年、児童漫画に転向。「幼年倶楽部」「少年倶楽部」「少女倶楽部」「講談社の絵本」に執筆。1944年応召、満州へ。復員ののち漫画再開。代表作『カンラ・カラ兵衛』は時代劇なのに刀を使えないというGHQの制約を受けながら、その当時の戦場からの復員や尋ね人など時代世相を下敷きに、親子の情愛と温かみ、明朗快活さで人気を得る。
rdfs:label
  • 原一司
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of