Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 印環細胞癌(いんかんさいぼうがん、signet ring cell carcinoma)は上皮性悪性腫瘍(癌腫)の一種であり、印環細胞の組織学的形態をとるものをいう。腺癌の組織型のひとつであり、胃の腺上皮に最も高頻度に認められるが、体の他の場所からも生じることがある。一部の(全てではない)症例については遺伝性であり、しばしばCDH1遺伝子の変異を来している。
dbpedia-owl:meshId
  • D018279
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2555174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47461454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:meshid
  • D018279
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 印環細胞癌(いんかんさいぼうがん、signet ring cell carcinoma)は上皮性悪性腫瘍(癌腫)の一種であり、印環細胞の組織学的形態をとるものをいう。腺癌の組織型のひとつであり、胃の腺上皮に最も高頻度に認められるが、体の他の場所からも生じることがある。一部の(全てではない)症例については遺伝性であり、しばしばCDH1遺伝子の変異を来している。
rdfs:label
  • 印環細胞癌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of