Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 印可(いんか)とは、師がその道に熟達した弟子に与える許可のこと。その証として作成される書面は印可状と呼ばれる。いわゆる“お墨付き”のこと。禅宗では、悟りを開いたと認められた弟子の僧侶が、師の肖像を絵師に描いてもらい、師はその肖像の上に「偈文」という漢詩の形を取った説法をしたため、これを一種の卒業証書とした。これに倣い武術(剣術、槍術、柔術など)、茶道、あるいは軍学や算術などにおいても印可が与えられる。現在古文書として残されている印可状の中には国宝や文化財とされている物もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 105103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58076078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 印可(いんか)とは、師がその道に熟達した弟子に与える許可のこと。その証として作成される書面は印可状と呼ばれる。いわゆる“お墨付き”のこと。禅宗では、悟りを開いたと認められた弟子の僧侶が、師の肖像を絵師に描いてもらい、師はその肖像の上に「偈文」という漢詩の形を取った説法をしたため、これを一種の卒業証書とした。これに倣い武術(剣術、槍術、柔術など)、茶道、あるいは軍学や算術などにおいても印可が与えられる。現在古文書として残されている印可状の中には国宝や文化財とされている物もある。
rdfs:label
  • 印可
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of