Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 占城稲(せんじょうとう、チャンパとう)は、チャンパ(現在のベトナム南部)を原産地とする収穫量の多い早稲で、小粒で細長だが虫害や日照りに強い品種の稲である。その米は「占城(チャンパ)米」の呼称で知られ、宋代の中国で盛んに栽培され、日本では大唐米(だいとうまい)とも呼ばれている。この種が普及したため、長江下流の江浙地方が米作の中心地となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 739804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55612516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 占城稲(せんじょうとう、チャンパとう)は、チャンパ(現在のベトナム南部)を原産地とする収穫量の多い早稲で、小粒で細長だが虫害や日照りに強い品種の稲である。その米は「占城(チャンパ)米」の呼称で知られ、宋代の中国で盛んに栽培され、日本では大唐米(だいとうまい)とも呼ばれている。この種が普及したため、長江下流の江浙地方が米作の中心地となった。
rdfs:label
  • 占城稲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of