Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 卜部(ぼくぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では25番目に置かれる(2画の19番目)。卜の字は占いのため亀の甲を火で灼いて生じる亀裂の形に象り、占いを意味する。古代の中国人はこの亀裂の形によって天意を伺い、吉凶を判断していた。これを亀卜という。偏旁では意符として「うらない」に関することを示す。また卜部は「卜」の形を筆画としてもつ漢字も分類している。「卜」の字形は一般に「丨」の右側に接する形で「丶」が書かれることに対し、「外」で使用される卜部は、一般に「丨」に交差する形で「㇏」が書かれる。片仮名の「ト」に似ており、「ト」の字源を「外」の旁とする説もあるが、止の部分を字源とする説の方が有力である。尚、日本人の姓に「卜部(うらべ)」がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 740240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47160961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 卜部(ぼくぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では25番目に置かれる(2画の19番目)。卜の字は占いのため亀の甲を火で灼いて生じる亀裂の形に象り、占いを意味する。古代の中国人はこの亀裂の形によって天意を伺い、吉凶を判断していた。これを亀卜という。偏旁では意符として「うらない」に関することを示す。また卜部は「卜」の形を筆画としてもつ漢字も分類している。「卜」の字形は一般に「丨」の右側に接する形で「丶」が書かれることに対し、「外」で使用される卜部は、一般に「丨」に交差する形で「㇏」が書かれる。片仮名の「ト」に似ており、「ト」の字源を「外」の旁とする説もあるが、止の部分を字源とする説の方が有力である。尚、日本人の姓に「卜部(うらべ)」がある。
rdfs:label
  • 卜部
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of