博多(はかた)は、九州北部筑前国、現在の福岡県福岡市の地域。 博多湾に面する港町・港湾都市で、博多津などとも呼ばれた。古代からの歴史を持ち、朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための要所とされ、役所が多く建てられた。中世には、大商人達による合議制で治められた日本史上初の自治都市として繁栄した。江戸時代に黒田氏が入国し那珂川を挟んで城下町福岡を築き、二極都市の性格を持った。明治には福岡市として市制施行されて現在に至り、博多の地名は博多区として残る。

Property Value
dbo:abstract
  • 博多(はかた)は、九州北部筑前国、現在の福岡県福岡市の地域。 博多湾に面する港町・港湾都市で、博多津などとも呼ばれた。古代からの歴史を持ち、朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための要所とされ、役所が多く建てられた。中世には、大商人達による合議制で治められた日本史上初の自治都市として繁栄した。江戸時代に黒田氏が入国し那珂川を挟んで城下町福岡を築き、二極都市の性格を持った。明治には福岡市として市制施行されて現在に至り、博多の地名は博多区として残る。 (ja)
  • 博多(はかた)は、九州北部筑前国、現在の福岡県福岡市の地域。 博多湾に面する港町・港湾都市で、博多津などとも呼ばれた。古代からの歴史を持ち、朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための要所とされ、役所が多く建てられた。中世には、大商人達による合議制で治められた日本史上初の自治都市として繁栄した。江戸時代に黒田氏が入国し那珂川を挟んで城下町福岡を築き、二極都市の性格を持った。明治には福岡市として市制施行されて現在に至り、博多の地名は博多区として残る。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 59821 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28229 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80546937 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 博多(はかた)は、九州北部筑前国、現在の福岡県福岡市の地域。 博多湾に面する港町・港湾都市で、博多津などとも呼ばれた。古代からの歴史を持ち、朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための要所とされ、役所が多く建てられた。中世には、大商人達による合議制で治められた日本史上初の自治都市として繁栄した。江戸時代に黒田氏が入国し那珂川を挟んで城下町福岡を築き、二極都市の性格を持った。明治には福岡市として市制施行されて現在に至り、博多の地名は博多区として残る。 (ja)
  • 博多(はかた)は、九州北部筑前国、現在の福岡県福岡市の地域。 博多湾に面する港町・港湾都市で、博多津などとも呼ばれた。古代からの歴史を持ち、朝鮮や中国からの攻撃に対抗するための要所とされ、役所が多く建てられた。中世には、大商人達による合議制で治められた日本史上初の自治都市として繁栄した。江戸時代に黒田氏が入国し那珂川を挟んで城下町福岡を築き、二極都市の性格を持った。明治には福岡市として市制施行されて現在に至り、博多の地名は博多区として残る。 (ja)
rdfs:label
  • 博多 (ja)
  • 博多 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:hometown of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of