Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 南部 麒次郎(なんぶ きじろう、1869年4月2日(明治2年2月21日) - 1949年(昭和24年)5月1日)は、日本陸軍の軍人、銃器開発者。階級・称号は、陸軍中将勲二等工学博士。主に明治時代の末期から大正、昭和にかけて日本陸軍の銃器の開発面で活躍した技術将校である。現在でも日本の警察官に制式採用されている拳銃ニューナンブM60などにその名を残す。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 456940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56423018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:最終階級
prop-ja:氏名
  • 南部 麒次郎
prop-ja:没年月日
  • --05-01
prop-ja:生年月日
  • --04-02
prop-ja:生誕地
  • 肥前国佐賀郡
prop-ja:画像
  • KNambu.jpg
prop-ja:軍歴
  • 1889 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 南部 麒次郎(なんぶ きじろう、1869年4月2日(明治2年2月21日) - 1949年(昭和24年)5月1日)は、日本陸軍の軍人、銃器開発者。階級・称号は、陸軍中将勲二等工学博士。主に明治時代の末期から大正、昭和にかけて日本陸軍の銃器の開発面で活躍した技術将校である。現在でも日本の警察官に制式採用されている拳銃ニューナンブM60などにその名を残す。
rdfs:label
  • 南部麒次郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:designer of
is prop-ja:設計・製造 of
is foaf:primaryTopic of