Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 南部 広信(なんぶ ひろのぶ、宝永6年3月7日(1709年4月16日) - 寛保元年5月2日(1741年6月14日))は、陸奥国八戸藩の第4代藩主。父は第3代藩主・南部通信(広信は長男)。母は桂七郎大夫の妹。正室は松平信庸の娘。幼名は宮内。官位は従五位下、甲斐守。子は南部信興(長男)、南部信之(三男)。享保元年(1716年)、父の死去により跡を継いで藩主となる。藩政においては検地を行なったり、八戸三社大祭の基礎を作ったりした。また、家老の中里幸生に命じて「南部中興記三冊」や「南部家譜一冊」を編纂させている。しかしその治世期に凶作が33度にわたって発生するなど、治世は多難を極めた。寛保元年(1741年)5月2日、33歳で死去し、跡を嫡男・信興が継いだ。墓所は東京都港区芝の金地院。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 311614 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50449463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 南部 広信(なんぶ ひろのぶ、宝永6年3月7日(1709年4月16日) - 寛保元年5月2日(1741年6月14日))は、陸奥国八戸藩の第4代藩主。父は第3代藩主・南部通信(広信は長男)。母は桂七郎大夫の妹。正室は松平信庸の娘。幼名は宮内。官位は従五位下、甲斐守。子は南部信興(長男)、南部信之(三男)。享保元年(1716年)、父の死去により跡を継いで藩主となる。藩政においては検地を行なったり、八戸三社大祭の基礎を作ったりした。また、家老の中里幸生に命じて「南部中興記三冊」や「南部家譜一冊」を編纂させている。しかしその治世期に凶作が33度にわたって発生するなど、治世は多難を極めた。寛保元年(1741年)5月2日、33歳で死去し、跡を嫡男・信興が継いだ。墓所は東京都港区芝の金地院。
rdfs:label
  • 南部広信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of