Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 南部 利謹(なんぶ としのり、延享3年8月16日(1746年9月30日) - 文化11年11月19日(1814年12月30日))は、陸奥盛岡藩第8代藩主・南部利雄の長男。母は前田利章の娘。正室は黒田継高の息女、麻姫。官位従四位下、信濃守。通称は三郎。諱は嵩信→利謹。子は12代藩主南部利済(次男)など。側室で利済生母である石原氏(清鏡院)は俗称「油御前」といわれる庶民出の女性で、塗師の寡婦であり、利謹の死後に聖寿寺に出家し、妙白尼と称した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 871533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53471760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 南部 利謹(なんぶ としのり、延享3年8月16日(1746年9月30日) - 文化11年11月19日(1814年12月30日))は、陸奥盛岡藩第8代藩主・南部利雄の長男。母は前田利章の娘。正室は黒田継高の息女、麻姫。官位従四位下、信濃守。通称は三郎。諱は嵩信→利謹。子は12代藩主南部利済(次男)など。側室で利済生母である石原氏(清鏡院)は俗称「油御前」といわれる庶民出の女性で、塗師の寡婦であり、利謹の死後に聖寿寺に出家し、妙白尼と称した。
rdfs:label
  • 南部利謹
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of