Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 南極探検の英雄時代(英: Heroic Age of Antarctic Exploration)は、19世紀末に始まり、シャクルトンの帝国南極横断探検隊の生存者が1917年2月9日にニュージーランドのウェリントンに上陸した時を最後とする時代である。歴史家のアーント・エルジンガは、第二次世界大戦が南極研究の転換点になったことを考えに入れて、終わりをかなり遅い1945年としている。この時代には、南極大陸が国際的な取り組みの焦点となり、科学的、地理学的な探検が集中的に行われた。10か国から17の大きな南極探検隊が送り込まれた。これらの遠征に共通しているのは、使える資源に限りがあったことであり、少し時代が下がれば進歩した輸送手段や通信技術によって探検の仕方ががらりと変わったはずだった。このことは各遠征隊が忍耐の連続によるものであり、その人員の体力と精神力の限界を試し、ときにはそれを越えることになった。後に与えられた「英雄的」という形容詞はこれらパイオニアによって乗り越えなければならなかった困難さを認めたものである。中には、この探検を生き延びられなかった者もおり、この時代を通じて19人の隊員が命を落とした。さらに英雄という呼び方は、南極という過酷な環境に立ち向かった者達のロマンを認めたものである。この時代の探検家は単に科学者や水夫という単一の役割でのみ記憶されてはいない。一方で目的を持ちながら計算高く、他方では野卑で洗練されてはいないという典型的な姿がある。むしろこれらの人々は詩人、写真家、芸術家としても記憶されている。アーネスト・シャクルトンは、南極探検家全ての中でも最大の詩人と考えられることが多い。その詩、『海の話』は、サミュエル・テイラー・コールリッジの『老水夫行(The Rime of the Ancient Mariner)』を思い起こさせるものであり、マレー、スコット、アムンセンや、その他多くの者達が南極文学と芸術に大きな貢献を果たした。さらにこの芸術的表現は、第一次世界大戦に入りその中に導くことになる国粋主義に密接に組み合わされ、これらの人々は探検家以上の者となり、国の英雄となった。シャクルトンの『海の話』に含まれる次の愛国的詩行を考えると良い。南極の環境の印象を表す能力はこれら探検家を水夫とは別の者にし、それぞれの国の大衆にとっての英雄にしている。英雄達の探検により、南極点と南磁極への到達が果たされた。幾つかの探検隊にとって、最初に南極点に到達することがその主要目標となり、ロアール・アムンセンの冒険では唯一の目的であった。しかし、この目標は、この時代における極地探検の唯一の側面ではなかった。他の探検隊は、南極大陸の別の地域に設定された目標に沿って動いた。これら全ての活動の結果として、大陸の海岸線の多くが発見され地図化され、内陸のかなりの領域が探検された。その遠征では、幅広い科学分野にわたって大量の科学データと標本を取得した。それらの試験や分析により、世界の科学界は何十年も忙しくなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3031676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 37218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57889399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 南極探検の英雄時代(英: Heroic Age of Antarctic Exploration)は、19世紀末に始まり、シャクルトンの帝国南極横断探検隊の生存者が1917年2月9日にニュージーランドのウェリントンに上陸した時を最後とする時代である。歴史家のアーント・エルジンガは、第二次世界大戦が南極研究の転換点になったことを考えに入れて、終わりをかなり遅い1945年としている。この時代には、南極大陸が国際的な取り組みの焦点となり、科学的、地理学的な探検が集中的に行われた。10か国から17の大きな南極探検隊が送り込まれた。これらの遠征に共通しているのは、使える資源に限りがあったことであり、少し時代が下がれば進歩した輸送手段や通信技術によって探検の仕方ががらりと変わったはずだった。このことは各遠征隊が忍耐の連続によるものであり、その人員の体力と精神力の限界を試し、ときにはそれを越えることになった。後に与えられた「英雄的」という形容詞はこれらパイオニアによって乗り越えなければならなかった困難さを認めたものである。中には、この探検を生き延びられなかった者もおり、この時代を通じて19人の隊員が命を落とした。さらに英雄という呼び方は、南極という過酷な環境に立ち向かった者達のロマンを認めたものである。この時代の探検家は単に科学者や水夫という単一の役割でのみ記憶されてはいない。一方で目的を持ちながら計算高く、他方では野卑で洗練されてはいないという典型的な姿がある。むしろこれらの人々は詩人、写真家、芸術家としても記憶されている。アーネスト・シャクルトンは、南極探検家全ての中でも最大の詩人と考えられることが多い。その詩、『海の話』は、サミュエル・テイラー・コールリッジの『老水夫行(The Rime of the Ancient Mariner)』を思い起こさせるものであり、マレー、スコット、アムンセンや、その他多くの者達が南極文学と芸術に大きな貢献を果たした。さらにこの芸術的表現は、第一次世界大戦に入りその中に導くことになる国粋主義に密接に組み合わされ、これらの人々は探検家以上の者となり、国の英雄となった。シャクルトンの『海の話』に含まれる次の愛国的詩行を考えると良い。南極の環境の印象を表す能力はこれら探検家を水夫とは別の者にし、それぞれの国の大衆にとっての英雄にしている。英雄達の探検により、南極点と南磁極への到達が果たされた。幾つかの探検隊にとって、最初に南極点に到達することがその主要目標となり、ロアール・アムンセンの冒険では唯一の目的であった。しかし、この目標は、この時代における極地探検の唯一の側面ではなかった。他の探検隊は、南極大陸の別の地域に設定された目標に沿って動いた。これら全ての活動の結果として、大陸の海岸線の多くが発見され地図化され、内陸のかなりの領域が探検された。その遠征では、幅広い科学分野にわたって大量の科学データと標本を取得した。それらの試験や分析により、世界の科学界は何十年も忙しくなった。
rdfs:label
  • 南極探検の英雄時代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of