Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 千鳥型水雷艇(ちどりかたすいらいてい)は、大日本帝国海軍が第一次世界大戦後の1931年(昭和6年)より建造した水雷艇のクラスである。ロンドン軍縮条約の影響により、ミニ駆逐艦ともいえるほど重武装の設計の艦艇であったため、本型のうち3番艦「友鶴」が、演習中転覆するという友鶴事件を引き起こした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 346299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57201386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 千鳥型水雷艇(ちどりかたすいらいてい)は、大日本帝国海軍が第一次世界大戦後の1931年(昭和6年)より建造した水雷艇のクラスである。ロンドン軍縮条約の影響により、ミニ駆逐艦ともいえるほど重武装の設計の艦艇であったため、本型のうち3番艦「友鶴」が、演習中転覆するという友鶴事件を引き起こした。
rdfs:label
  • 千鳥型水雷艇
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of