Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である。亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精のように回想する青年が、夫人の娘とも契る物語。匂うような官能的な夫人の肉感に象徴される形見の志野茶碗の名器の感触と幻想から生まれる超現実な美的世界と、俗悪に堕した茶の湯の世界の生々しい人間関係が重なり合って描かれている。『雪国』や『山の音』同様、『千羽鶴』も最初から起承転結を持つ長編としての構想がまとめられていたわけではなく、1949年(昭和24年)から1951年(昭和26年)にかけて各雑誌に断続的に断章が連作として書きつがれたが、一章ごとが独立の鑑賞に堪え、全体として密度が高い小説となっている。なお、続編に未完の『波千鳥』(なみちどり)があり、近年はこれと合わせて一つの作品として扱われ、論じられることが多い。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1533399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58612323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
  • 母の初恋
prop-ja:2放送局
  • 関西テレビ制作・フジテレビ系列
prop-ja:2放送枠
prop-ja:2次番組
  • (終了)
prop-ja:2番組名
  • 千羽鶴
prop-ja:_
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1953 (xsd:integer)
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1973 (xsd:integer)
  • ラジオドラマ
  • 白雪劇場
  • 不倫を扱った映画・オリジナルビデオ
  • 不倫を扱ったテレビドラマ
  • 吉村公三郎の監督映画
  • 増村保造の監督映画
  • 小説を原作とする舞台作品
  • 川端康成原作の映画作品
  • 日本の舞台作品
  • 東京を舞台とした映画作品
  • 大映製作の映画作品
  • 川端康成原作のテレビドラマ
  • 戦後日本を舞台とした映画作品
  • 新藤兼人の脚本作品
  • 鎌倉市を舞台とした映画作品
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:header
  • この記事は以下のカテゴリからも参照できます
prop-ja:illustrator
  • 装幀:小林古径。題字:川端康成
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:origTitle
  • Thousand Cranes
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --02-10
prop-ja:publisher
prop-ja:redirect
  • 千羽鶴
prop-ja:title
  • 千羽鶴
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 千羽鶴
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である。亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精のように回想する青年が、夫人の娘とも契る物語。匂うような官能的な夫人の肉感に象徴される形見の志野茶碗の名器の感触と幻想から生まれる超現実な美的世界と、俗悪に堕した茶の湯の世界の生々しい人間関係が重なり合って描かれている。『雪国』や『山の音』同様、『千羽鶴』も最初から起承転結を持つ長編としての構想がまとめられていたわけではなく、1949年(昭和24年)から1951年(昭和26年)にかけて各雑誌に断続的に断章が連作として書きつがれたが、一章ごとが独立の鑑賞に堪え、全体として密度が高い小説となっている。なお、続編に未完の『波千鳥』(なみちどり)があり、近年はこれと合わせて一つの作品として扱われ、論じられることが多い。
rdfs:label
  • 千羽鶴 (小説)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 千羽鶴
  • Thousand Cranes
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:3次番組 of
is foaf:primaryTopic of