Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『十日の菊』(とおかのきく)は、三島由紀夫の戯曲。全3幕30場から成る。二・二六事件を、命を狙われた側から描いた悲喜劇である。クーデターで難を逃れ命拾いした大蔵大臣と、命を張って主君を助けた忠心の女中との16年後の再会から、人間の性格と運命との関わり合いを描いている。作中では実際の事件を「十・一三事件」に変え、ヒロイン「菊」の名は、主君への一般的忠節を表しているが、すでにその菊(忠節)は、9月9日の重陽の佳節をすぎて廃物となった「十日の菊」と化していることを寓意させている 。第13回(1961年度)読売文学賞(戯曲部門)を受賞。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2597432 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58736589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
  • 舞台芸術
prop-ja:published
  • --02-01
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 十日の菊
prop-ja:type
  • 雑誌掲載
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『十日の菊』(とおかのきく)は、三島由紀夫の戯曲。全3幕30場から成る。二・二六事件を、命を狙われた側から描いた悲喜劇である。クーデターで難を逃れ命拾いした大蔵大臣と、命を張って主君を助けた忠心の女中との16年後の再会から、人間の性格と運命との関わり合いを描いている。作中では実際の事件を「十・一三事件」に変え、ヒロイン「菊」の名は、主君への一般的忠節を表しているが、すでにその菊(忠節)は、9月9日の重陽の佳節をすぎて廃物となった「十日の菊」と化していることを寓意させている 。第13回(1961年度)読売文学賞(戯曲部門)を受賞。
rdfs:label
  • 十日の菊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 十日の菊
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of