Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 十四年式拳銃(じゅうよねんしきけんじゅう)は、1920年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の拳銃。南部式大型自動拳銃に改良を加えた派生型であるため、俗に南部十四年式拳銃とも呼ばれるが、あくまで制式名称は十四年式拳銃であり、また南部麒次郎は設計の基となった基礎研究には関わっていたが、設計には直接関わっていない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 347973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57432288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライフリング
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 十四年式拳銃実包(8mm南部弾)、九〇式催涙弾(8mm×21)
prop-ja:全長
  • 230.0
prop-ja:口径
  • 8.0
prop-ja:名称
  • 十四年式拳銃
prop-ja:有効射程
  • 50 (xsd:integer)
  • 1600 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種類
  • 軍用自動拳銃
prop-ja:装弾数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • 十四年式拳銃(後期型)
prop-ja:重量
  • 890.0
prop-ja:銃口初速
  • 325.0
prop-ja:銃身長
  • 120.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 十四年式拳銃(じゅうよねんしきけんじゅう)は、1920年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の拳銃。南部式大型自動拳銃に改良を加えた派生型であるため、俗に南部十四年式拳銃とも呼ばれるが、あくまで制式名称は十四年式拳銃であり、また南部麒次郎は設計の基となった基礎研究には関わっていたが、設計には直接関わっていない。
rdfs:label
  • 十四年式拳銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of