Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『十六歳の日記』(じゅうろくさいのにっき)は、川端康成の短編実録小説。川端が数え年16歳の時、寝たきりの祖父の病状を写実的に記録した日記である。川端が少年期に書いた最も古い執筆で、実質的な川端の処女作とされている。執筆から10年後に川端の伯父の倉から発見され、川端本人による注釈や補足、あとがきが数え年27歳の時点で付記され、作品として発表された。死を間近にひかえて日に日に弱ってゆく最後の肉親である祖父への少年らしい愛情と死への嫌悪が描かれ、非凡な川端少年の文学者的才覚や、川端文学の表現方法の萌芽が垣間見られる作品である。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3111438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55040046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:origTitle
  • Diary of My Sixteenth Year
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 1925 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 十六歳の日記
prop-ja:type
  • 雑誌掲載
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『十六歳の日記』(じゅうろくさいのにっき)は、川端康成の短編実録小説。川端が数え年16歳の時、寝たきりの祖父の病状を写実的に記録した日記である。川端が少年期に書いた最も古い執筆で、実質的な川端の処女作とされている。執筆から10年後に川端の伯父の倉から発見され、川端本人による注釈や補足、あとがきが数え年27歳の時点で付記され、作品として発表された。死を間近にひかえて日に日に弱ってゆく最後の肉親である祖父への少年らしい愛情と死への嫌悪が描かれ、非凡な川端少年の文学者的才覚や、川端文学の表現方法の萌芽が垣間見られる作品である。
rdfs:label
  • 十六歳の日記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Diary of My Sixteenth Year
  • 十六歳の日記
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of