Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 十二時辰(じゅうにじしん)とは、近代以前の中国や日本などで用いられた、1日を2時間ずつの12の時辰(じしん)に分ける時法である。十二辰刻(じゅうにしんこく)・十二刻(じゅうにこく)・十二時(じゅうにじ)とも呼ぶ。時辰・辰刻・刻・時は、いずれも本来は単に時間・時刻という意味の言葉だが、十二時辰制のもとでは1日を12に分けたそれぞれの2時間を意味し、刻・時はまた任意の2時間を表す単位としても使われる(ただし他の長さを表すこともある。刻は1日を48に分けた30分など、時は1日を24に分けた1時間も意味する)。12の時辰を右表に示す。時刻は定時法の場合で、不定時法では季節によりやや変動する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 495160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58545489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 時辰
prop-ja:定義
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:物理量
  • 時間
prop-ja:英字
  • shichen
prop-ja:読み
  • じしん
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 十二時辰(じゅうにじしん)とは、近代以前の中国や日本などで用いられた、1日を2時間ずつの12の時辰(じしん)に分ける時法である。十二辰刻(じゅうにしんこく)・十二刻(じゅうにこく)・十二時(じゅうにじ)とも呼ぶ。時辰・辰刻・刻・時は、いずれも本来は単に時間・時刻という意味の言葉だが、十二時辰制のもとでは1日を12に分けたそれぞれの2時間を意味し、刻・時はまた任意の2時間を表す単位としても使われる(ただし他の長さを表すこともある。刻は1日を48に分けた30分など、時は1日を24に分けた1時間も意味する)。12の時辰を右表に示す。時刻は定時法の場合で、不定時法では季節によりやや変動する。
rdfs:label
  • 十二時辰
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of