Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 十三勢(じゅうさんせい、シーサン シー)は、中国武術のひとつである太極拳の基本武功を表したもので、太極拳の8個の拳を打つ方向と、5つの歩行法、手・眼・体・歩行と心のあり方を説いたものである。楊式太極拳では「八門五歩」ともいう。具体的には、掤(ほう)、履(り)、擠(せい)、按(あん)、採(さい)、挒(れつ)、肘(ちゅう)、靠(こう)、進、退、顧、盼、定 の13であり、この中の「掤、履、擠、按、採、挒、肘、靠」が八卦を表し、それぞれ「坎、離、震、兌、乾、坤、艮、巽」の四方斜めの方角にも対応している。「進歩,退歩,左顧,右盼,中定」が五行を表し、それぞれ「水、火、木、金、土」に対応している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 619055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55843266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 十三勢(じゅうさんせい、シーサン シー)は、中国武術のひとつである太極拳の基本武功を表したもので、太極拳の8個の拳を打つ方向と、5つの歩行法、手・眼・体・歩行と心のあり方を説いたものである。楊式太極拳では「八門五歩」ともいう。具体的には、掤(ほう)、履(り)、擠(せい)、按(あん)、採(さい)、挒(れつ)、肘(ちゅう)、靠(こう)、進、退、顧、盼、定 の13であり、この中の「掤、履、擠、按、採、挒、肘、靠」が八卦を表し、それぞれ「坎、離、震、兌、乾、坤、艮、巽」の四方斜めの方角にも対応している。「進歩,退歩,左顧,右盼,中定」が五行を表し、それぞれ「水、火、木、金、土」に対応している。
rdfs:label
  • 十三勢
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of