Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 十一年式軽機関銃(じゅういちねんしきけいきかんじゅう)は、大日本帝国で1910年代から1920年代前期にかけて開発・採用された軽機関銃。日本軍が初めて制式採用した軽機関銃であり、1941年(昭和16年)までに計約29,000挺が生産された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 644511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58760374 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
prop-ja:作動方式
prop-ja:全長
  • 1100.0
prop-ja:口径
  • 6.500000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • 十一年式軽機関銃
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 最大30発
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1923 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 十一年式軽機関銃と弾薬箱
prop-ja:重量
  • 10.3
prop-ja:銃身長
  • 443.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 十一年式軽機関銃(じゅういちねんしきけいきかんじゅう)は、大日本帝国で1910年代から1920年代前期にかけて開発・採用された軽機関銃。日本軍が初めて制式採用した軽機関銃であり、1941年(昭和16年)までに計約29,000挺が生産された。
rdfs:label
  • 十一年式軽機関銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of