Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 医療大麻(いりょうたいま、Medical Cannabis)または医療マリファナとは、大麻(マリファナ)に含有される天然のTHCやその他のカンナビノイド成分や、それらに類似した構造を持つ合成カンナビノイドを利用した生薬療法である。アメリカ合衆国では2014年7月時点で23州、他にカナダ、イスラエル、ベルギー、オーストリア、オランダ、イギリス、スペイン、ドイツ、フィンランドなどで使われている。通常、大麻の使用には処方箋が必要になり、地域的な法によって販売(配給)の方法が異なる。医療大麻には数多くの銘柄があり、含有されるカンナビノイドの配合比率が多様であるため、効能や薬理作用が異なり、したがって異なった多くの症状に特化して処方されている。アメリカ合衆国では、腰痛、消耗症候群、慢性痛、末期エイズ患者の食欲増進、ガンの化学療法に伴う吐き気の緩和などのために処方されている。多くの場合、乾燥大麻として処方され、摂取方法としては喫煙であり、嗜好品としての大麻と同様にパイプにつめてから燃焼させて成分を吸引する。合成カンナビノイドのドロナビノール(英: Dronabinol)は、合成テトラヒドロカンナビノール(合成THC)であり、マリノール(英: Marinol)という商品名で医薬品として管理され販売されている。合成カンナビノイドの、ナビロンはセサメットの商品名で欧米で販売されている。大麻抽出成分を含有するナビキシモルスは、サティベックスという商品名でカナダやイギリスにて医薬品として処方されている。これらの合成カンナビノイドや大麻抽出成分医薬品は、法律において大麻とは異なる規制管理下に置かれている。大麻の医療利用について多くの研究がなされ、現在も研究が進められている。しかし日本においては、大麻草は大麻取締法の規制により、大麻に含有されるカンナビノイド類の化学成分(THC)は麻薬及び向精神薬取締法の規制により、医療目的であっても使用、輸入ならびに所持は禁止されている。2013年ごろから日本で規制されていない、茎や樹脂からとれたCBDを含むオイルがアメリカから輸入されるようになっている。CBDオイルはTHC(いわゆるハイになる物質)を一切含んでおらず合法的に輸入代行業者から購入できるため、必要な患者から期待が寄せられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1653663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58890776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 医療大麻(いりょうたいま、Medical Cannabis)または医療マリファナとは、大麻(マリファナ)に含有される天然のTHCやその他のカンナビノイド成分や、それらに類似した構造を持つ合成カンナビノイドを利用した生薬療法である。アメリカ合衆国では2014年7月時点で23州、他にカナダ、イスラエル、ベルギー、オーストリア、オランダ、イギリス、スペイン、ドイツ、フィンランドなどで使われている。通常、大麻の使用には処方箋が必要になり、地域的な法によって販売(配給)の方法が異なる。医療大麻には数多くの銘柄があり、含有されるカンナビノイドの配合比率が多様であるため、効能や薬理作用が異なり、したがって異なった多くの症状に特化して処方されている。アメリカ合衆国では、腰痛、消耗症候群、慢性痛、末期エイズ患者の食欲増進、ガンの化学療法に伴う吐き気の緩和などのために処方されている。多くの場合、乾燥大麻として処方され、摂取方法としては喫煙であり、嗜好品としての大麻と同様にパイプにつめてから燃焼させて成分を吸引する。合成カンナビノイドのドロナビノール(英: Dronabinol)は、合成テトラヒドロカンナビノール(合成THC)であり、マリノール(英: Marinol)という商品名で医薬品として管理され販売されている。合成カンナビノイドの、ナビロンはセサメットの商品名で欧米で販売されている。大麻抽出成分を含有するナビキシモルスは、サティベックスという商品名でカナダやイギリスにて医薬品として処方されている。これらの合成カンナビノイドや大麻抽出成分医薬品は、法律において大麻とは異なる規制管理下に置かれている。大麻の医療利用について多くの研究がなされ、現在も研究が進められている。しかし日本においては、大麻草は大麻取締法の規制により、大麻に含有されるカンナビノイド類の化学成分(THC)は麻薬及び向精神薬取締法の規制により、医療目的であっても使用、輸入ならびに所持は禁止されている。2013年ごろから日本で規制されていない、茎や樹脂からとれたCBDを含むオイルがアメリカから輸入されるようになっている。CBDオイルはTHC(いわゆるハイになる物質)を一切含んでおらず合法的に輸入代行業者から購入できるため、必要な患者から期待が寄せられている。
rdfs:label
  • 医療大麻
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of