医師(いし、英: doctor)は、医療および保健指導を司る医療従事者である。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在の義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療()をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医や薬剤師も独自に治療を行うようになり、彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれる。「医師」という名称が確立し一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。

Property Value
dbo:abstract
  • 医師(いし、英: doctor)は、医療および保健指導を司る医療従事者である。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在の義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療()をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医や薬剤師も独自に治療を行うようになり、彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を所持しない医師をもdoctor と呼称することは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」と呼ばれ、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master = 修士」のさらに上位にある学位の名称である「doctor = 博士」が、医師の名称としても用いられるようになったのは、「医師制度」の発展してきた歴史的背景、および免許取得過程上要求された学位が関係している、とされている。 今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれる。「医師」という名称が確立し一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。 船舶で勤務する者は船医、軍隊に所属する者は軍医と呼ばれる。 一般に、適切な診療能力を持たず、治療にならないことをしたり誤診をしたり医療過誤を引き起こしたりする医師は藪医者(quack)と呼ばれている。 (ja)
  • 医師(いし、英: doctor)は、医療および保健指導を司る医療従事者である。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在の義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療()をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医や薬剤師も独自に治療を行うようになり、彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を所持しない医師をもdoctor と呼称することは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」と呼ばれ、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master = 修士」のさらに上位にある学位の名称である「doctor = 博士」が、医師の名称としても用いられるようになったのは、「医師制度」の発展してきた歴史的背景、および免許取得過程上要求された学位が関係している、とされている。 今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれる。「医師」という名称が確立し一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。 船舶で勤務する者は船医、軍隊に所属する者は軍医と呼ばれる。 一般に、適切な診療能力を持たず、治療にならないことをしたり誤診をしたり医療過誤を引き起こしたりする医師は藪医者(quack)と呼ばれている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 23675 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23952 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81471919 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:activitySector
prop-ja:averageSalary
prop-ja:caption
  • ルーク・フィルズが描いた医師(1891年) (ja)
  • ルーク・フィルズが描いた医師(1891年) (ja)
prop-ja:competencies
prop-ja:employmentField
prop-ja:formation
  • 学士(医学)(MBBS)、博士(医学)(MD)、Doctor of Osteopathic Medicine(DO) (ja)
  • 学士(医学)(MBBS)、博士(医学)(MD)、Doctor of Osteopathic Medicine(DO) (ja)
prop-ja:name
  • 医師 (ja)
  • 医師 (ja)
prop-ja:officialNames
  • 医師 (ja)
  • 医師 (ja)
prop-ja:relatedOccupation
prop-ja:type
  • 専門職 (ja)
  • 専門職 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分野
  • 医療 (ja)
  • 医療 (ja)
prop-ja:名称
  • 医師 (ja)
  • 医師 (ja)
prop-ja:根拠法令
prop-ja:略称
  • ドクター、M.D.、Dr. (ja)
  • ドクター、M.D.、Dr. (ja)
prop-ja:等級・称号
  • 医師 (ja)
  • 医師 (ja)
prop-ja:英名
  • Physician (ja)
  • Physician (ja)
prop-ja:英項名
  • Physician (ja)
  • Physician (ja)
prop-ja:試験形式
  • 一般試験、実技試験 (ja)
  • 一般試験、実技試験 (ja)
prop-ja:認定団体
prop-ja:資格種類
dct:subject
rdfs:comment
  • 医師(いし、英: doctor)は、医療および保健指導を司る医療従事者である。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在の義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療()をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医や薬剤師も独自に治療を行うようになり、彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれる。「医師」という名称が確立し一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。 (ja)
  • 医師(いし、英: doctor)は、医療および保健指導を司る医療従事者である。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在の義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療()をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医や薬剤師も独自に治療を行うようになり、彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれる。「医師」という名称が確立し一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。 (ja)
rdfs:label
  • 医師 (ja)
  • 医師 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:field of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:field of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:profession of
is prop-ja:relatedOccupation of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:他の活動 of
is prop-ja:前職 of
is prop-ja:執筆者 of
is prop-ja:守護対象 of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:活動内容 of
is prop-ja:現職 of
is prop-ja:称号 of
is prop-ja:称号・勲章 of
is prop-ja:称号・役職 of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:肩書き of
is prop-ja:除隊後 of
is foaf:primaryTopic of