Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アメリカ独立戦争のサラトガ以降の北部戦線は、1778年から1782年にかけて、アメリカ革命勢力とイギリス軍の間の一連の戦闘によって構成されている。2つの主要地域での活動で特徴付けられる。最初のものはニューヨーク市を拠点としたイギリス軍の周りでのものであり、両軍共に互いを探りあい、それが時には注目すべき戦闘になった。2つ目のものは実質的にニューヨーク北部やペンシルベニア北部田園のフロンティアで行われたものであり、アメリカ側は各邦の民兵隊と同盟したインディアン、イギリス側はロイヤリストの部隊をインディアンやイギリス側インディアン代理人が支援し、さらに時としてイギリス正規軍が加わって戦われた。例外的に大陸軍の然るべき部隊がフロンティアに進軍したのは1779年のサリバン遠征であり、ジョン・サリバン将軍が遠征隊を率いてニューヨークからイロコイ族インディアンを駆逐することになった。イロコイ6部族連邦各派の中での戦闘は特に残忍なものとなり、インディアンの大半を難民に変えた。ニューイングランドでは唯一注目すべき戦闘があった。アメリカ軍とフランス軍の連合軍がロードアイランドのニューポートからイギリス軍を駆逐しようとしたものである。このロードアイランドの戦いはフランス艦隊が任務を放棄したときに連合軍の敗北となり、この失敗でアメリカとフランスの関係にひびを生じた。1779年、イギリス軍はメイン地区のペノブスコット川でロイヤリストの拠点を構築するためにそこに基地を建設した。マサチューセッツ邦はこれに水陸両面のペノブスコット遠征で応えたが、完敗に終わった。イギリス軍はニューイングラン海岸の地域社会を襲う作戦を続けた。そのうちの1つがマサチューセッツのフリータウンでの小戦闘であり、マサチューセッツやコネチカットでの襲撃が続いた。1781年のグロトンハイツの戦いでは、コネチカット出身のベネディクト・アーノルドがイギリス軍を率い、町に相当な損害を与えた。
dbpedia-owl:combatant
  • イギリス軍
  • 大陸軍、フランス
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 植民地軍の勝利
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2204300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53599216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 北部戦線(1777年以降)
prop-ja:campaign
  • アメリカ独立戦争
prop-ja:combatant
  • イギリス軍
  • 大陸軍、 フランス
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 1777 (xsd:integer)
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 植民地軍の勝利
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 42.381880555555554 -71.03201944444444
rdf:type
rdfs:comment
  • アメリカ独立戦争のサラトガ以降の北部戦線は、1778年から1782年にかけて、アメリカ革命勢力とイギリス軍の間の一連の戦闘によって構成されている。2つの主要地域での活動で特徴付けられる。最初のものはニューヨーク市を拠点としたイギリス軍の周りでのものであり、両軍共に互いを探りあい、それが時には注目すべき戦闘になった。2つ目のものは実質的にニューヨーク北部やペンシルベニア北部田園のフロンティアで行われたものであり、アメリカ側は各邦の民兵隊と同盟したインディアン、イギリス側はロイヤリストの部隊をインディアンやイギリス側インディアン代理人が支援し、さらに時としてイギリス正規軍が加わって戦われた。例外的に大陸軍の然るべき部隊がフロンティアに進軍したのは1779年のサリバン遠征であり、ジョン・サリバン将軍が遠征隊を率いてニューヨークからイロコイ族インディアンを駆逐することになった。イロコイ6部族連邦各派の中での戦闘は特に残忍なものとなり、インディアンの大半を難民に変えた。ニューイングランドでは唯一注目すべき戦闘があった。アメリカ軍とフランス軍の連合軍がロードアイランドのニューポートからイギリス軍を駆逐しようとしたものである。このロードアイランドの戦いはフランス艦隊が任務を放棄したときに連合軍の敗北となり、この失敗でアメリカとフランスの関係にひびを生じた。1779年、イギリス軍はメイン地区のペノブスコット川でロイヤリストの拠点を構築するためにそこに基地を建設した。マサチューセッツ邦はこれに水陸両面のペノブスコット遠征で応えたが、完敗に終わった。イギリス軍はニューイングラン海岸の地域社会を襲う作戦を続けた。そのうちの1つがマサチューセッツのフリータウンでの小戦闘であり、マサチューセッツやコネチカットでの襲撃が続いた。1781年のグロトンハイツの戦いでは、コネチカット出身のベネディクト・アーノルドがイギリス軍を率い、町に相当な損害を与えた。
rdfs:label
  • 北部戦線 (アメリカ独立戦争のサラトガ以降)
owl:sameAs
geo:lat
  • 42.381882 (xsd:float)
geo:long
  • -71.032021 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 北部戦線(1777年以降)
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of