Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 北緯10度線(ほくい10どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度にして10度の角度を成す緯線。アフリカ、インド洋、インド亜大陸、南アジア、東南アジア、太平洋、中央アメリカ、南アメリカ、大西洋を通過する。この緯度の下では、夏至点時の可照時間は12時間43分で、冬至点時は11時間33分である。北緯10度線は、ギニアとシエラレオネの国境を形成する緯線となっている。インド洋上にあるテンディグリー海峡は、この緯線により名付けられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2803490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52783673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 北緯10度線(ほくい10どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度にして10度の角度を成す緯線。アフリカ、インド洋、インド亜大陸、南アジア、東南アジア、太平洋、中央アメリカ、南アメリカ、大西洋を通過する。この緯度の下では、夏至点時の可照時間は12時間43分で、冬至点時は11時間33分である。北緯10度線は、ギニアとシエラレオネの国境を形成する緯線となっている。インド洋上にあるテンディグリー海峡は、この緯線により名付けられた。
rdfs:label
  • 北緯10度線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of