Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 北条 邦時(ほうじょう くにとき)は、鎌倉時代末期の北条氏・得宗家の嫡子。鎌倉幕府第14代執権・北条高時の長男。母は御内人・五大院宗繁の妹・常葉前。乳母父は長崎思元(長崎光綱の弟とされる)。中先代の乱を起こした北条時行は異母弟である。元徳3年/元弘元年(1331年)12月15日、7歳にして元服、儀式は幕府御所にて執り行われ、将軍・守邦親王の偏諱を受けて邦時と名乗る。遡って正中3年(1326年)、高時が出家したのに伴う後継者を巡り、御内人の娘を母とする長子邦時を推す長崎氏と、高時の弟・泰家を推す高時の母や正室の実家の安達氏との間で対立が起こっていた(嘉暦の騒動)が、儀式や将軍から偏諱を受けたことなどから最終的に邦時が嫡子とされたものと見られる。元弘の乱では、鎌倉陥落時に伯父である五大院宗繁に託され伊豆山に脱出したが、褒賞目当てに宗繁が新田義貞軍の船田義昌に密告したため相模川にて捕らえられ、鎌倉にて処刑された。享年9。ちなみに宗繁は、主君であり自身の肉親でもある北条氏の嫡子を売り飛ばし、死に追いやった前述の行為が「不忠」であるとして糾弾され逃亡し、時期は不明だが餓死したという。
dbpedia-owl:alias
  • 相模太郎(通称)、若御前(幼少時の呼称)
  • 万寿・万寿丸(幼名)→邦時
dbpedia-owl:birthDate
  • 1922-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 705967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57358178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 邦時、時行
prop-ja:別名
  • 相模太郎(通称)、若御前(幼少時の呼称)
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 万寿・万寿丸(幼名)→邦時
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-28
prop-ja:氏名
  • 北条邦時
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:北条高時
  • 母:常葉前(御内人・五大院宗繁の妹)
prop-ja:生誕
  • --11-22
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 北条 邦時(ほうじょう くにとき)は、鎌倉時代末期の北条氏・得宗家の嫡子。鎌倉幕府第14代執権・北条高時の長男。母は御内人・五大院宗繁の妹・常葉前。乳母父は長崎思元(長崎光綱の弟とされる)。中先代の乱を起こした北条時行は異母弟である。元徳3年/元弘元年(1331年)12月15日、7歳にして元服、儀式は幕府御所にて執り行われ、将軍・守邦親王の偏諱を受けて邦時と名乗る。遡って正中3年(1326年)、高時が出家したのに伴う後継者を巡り、御内人の娘を母とする長子邦時を推す長崎氏と、高時の弟・泰家を推す高時の母や正室の実家の安達氏との間で対立が起こっていた(嘉暦の騒動)が、儀式や将軍から偏諱を受けたことなどから最終的に邦時が嫡子とされたものと見られる。元弘の乱では、鎌倉陥落時に伯父である五大院宗繁に託され伊豆山に脱出したが、褒賞目当てに宗繁が新田義貞軍の船田義昌に密告したため相模川にて捕らえられ、鎌倉にて処刑された。享年9。ちなみに宗繁は、主君であり自身の肉親でもある北条氏の嫡子を売り飛ばし、死に追いやった前述の行為が「不忠」であるとして糾弾され逃亡し、時期は不明だが餓死したという。
rdfs:label
  • 北条邦時
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 北条邦時
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of