Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 北条氏常盤亭跡(ほうじょうしときわていあと)は神奈川県鎌倉市常盤(深沢地域)にある遺跡で国の史跡に指定されている。鎌倉幕府第7代執権、北条政村の別荘として建てられた。常盤の名は政村の号、常盤院覚崇に由来する。昭和52年(1977年)に行われた発掘調査により、建物跡などが確認されその存在が証明された。敷地内には門柱の跡ややぐら、法華堂跡が残る。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1009981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 280 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 32458819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 北条氏常盤亭跡(ほうじょうしときわていあと)は神奈川県鎌倉市常盤(深沢地域)にある遺跡で国の史跡に指定されている。鎌倉幕府第7代執権、北条政村の別荘として建てられた。常盤の名は政村の号、常盤院覚崇に由来する。昭和52年(1977年)に行われた発掘調査により、建物跡などが確認されその存在が証明された。敷地内には門柱の跡ややぐら、法華堂跡が残る。
rdfs:label
  • 北条氏常盤亭跡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of