Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 北急行(きたきゅうこう、Nord Express)あるいは北方急行、ノール・エクスプレス、ノルド・エクスプレスは、ヨーロッパで運行されていた国際寝台列車である。1896年に国際寝台車会社(ワゴン・リ社)による豪華列車の一つとして、ベルギーのオーステンデおよびフランスのパリと、ロシア帝国のサンクトペテルブルクの間で運転を始めた。その後第一次世界大戦と第二次世界大戦による運休をはさみながら、1999年まで存続した。運行区間は時期によって大きく異なり、また途中でいくつかの方向に分岐していた。東の終点は第一次世界大戦前はサンクトペテルブルクとワルシャワであったが、戦間期にはポーランド方面(ワルシャワまたはソビエト連邦との国境)とラトビアのリガが主となり、第二次大戦後はデンマークのコペンハーゲンを主な目的地とした。廃止直前には、ケルン - コペンハーゲン間のユーロナイトであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2633238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58833786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 北急行(きたきゅうこう、Nord Express)あるいは北方急行、ノール・エクスプレス、ノルド・エクスプレスは、ヨーロッパで運行されていた国際寝台列車である。1896年に国際寝台車会社(ワゴン・リ社)による豪華列車の一つとして、ベルギーのオーステンデおよびフランスのパリと、ロシア帝国のサンクトペテルブルクの間で運転を始めた。その後第一次世界大戦と第二次世界大戦による運休をはさみながら、1999年まで存続した。運行区間は時期によって大きく異なり、また途中でいくつかの方向に分岐していた。東の終点は第一次世界大戦前はサンクトペテルブルクとワルシャワであったが、戦間期にはポーランド方面(ワルシャワまたはソビエト連邦との国境)とラトビアのリガが主となり、第二次大戦後はデンマークのコペンハーゲンを主な目的地とした。廃止直前には、ケルン - コペンハーゲン間のユーロナイトであった。
rdfs:label
  • 北急行
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of