Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『化粧品とジャム論』(けしょうひんとジャムろん、仏: Le Traité des Fardements et des Confitures)は、フランスの医師・占星術師ミシェル・ド・ノートルダム(通称ノストラダムス)の医師としての主著の通称である。初版のメインタイトルは『若干の魅力的な処方についての知識を得たいと思う全ての人々にとって優良かつ大変有益な二部構成の小論集(Excellent & moult utile Opuscule à touts necessaire, qui desirent avoir cognoissance de plusieurs exquises Receptes, divisé en deux parties.)』となっていたが、後の版ではしばしば異なる題名が用いられ、現在では『化粧品とジャム論』ないし『化粧品論(Traité des Fardements)』などと総称されるのが一般的である。第二部のみを指す場合は『ジャム論(Traité des Confitures)』と呼ばれる。この書は人気を博し、16世紀の間に10回以上版を重ねた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 270958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53952393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『化粧品とジャム論』(けしょうひんとジャムろん、仏: Le Traité des Fardements et des Confitures)は、フランスの医師・占星術師ミシェル・ド・ノートルダム(通称ノストラダムス)の医師としての主著の通称である。初版のメインタイトルは『若干の魅力的な処方についての知識を得たいと思う全ての人々にとって優良かつ大変有益な二部構成の小論集(Excellent & moult utile Opuscule à touts necessaire, qui desirent avoir cognoissance de plusieurs exquises Receptes, divisé en deux parties.)』となっていたが、後の版ではしばしば異なる題名が用いられ、現在では『化粧品とジャム論』ないし『化粧品論(Traité des Fardements)』などと総称されるのが一般的である。第二部のみを指す場合は『ジャム論(Traité des Confitures)』と呼ばれる。この書は人気を博し、16世紀の間に10回以上版を重ねた。
rdfs:label
  • 化粧品とジャム論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of