Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化政文化(かせい ぶんか)とは、文化・文政期(1804年 - 1830年)を中心とする江戸時代後期(化政時代)に発展した町人文化である。政治・社会の出来事や日常の生活を風刺する川柳が流行した。また、文学では、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』のように、庶民生活を面白おかしく描いた、滑稽な作り話が好まれた。版画では、多彩な色彩を表現できる技術が向上し、そのような技術で作られた版画は錦絵と呼ばれた。江戸から発生し、商人などの全国的交流や、出版・教育の普及によって各地に伝えられていった。また、これに伴い、内容も多様化していき、庶民へと浸透していった。風俗上で時代劇の舞台とされることが最も多いのがこの時代である。江戸時代前期に栄えた町人文化である元禄文化のときには、文化の中心は上方であったが、このころから文化の重心は江戸に移っていく(ただし、音楽における京流手事物や陶芸の京焼のように、上方で著しく発展を見たものもある)。また近年では元禄文化と化政文化の中間である18世紀後半の宝暦・明和・安永・天明年間に文化の転換期を見ることも多い(→宝暦・天明文化:戯作文学の誕生・錦絵の勃興・天明狂歌の隆盛・「江戸っ子」の成立)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 370352 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58927068 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化政文化(かせい ぶんか)とは、文化・文政期(1804年 - 1830年)を中心とする江戸時代後期(化政時代)に発展した町人文化である。政治・社会の出来事や日常の生活を風刺する川柳が流行した。また、文学では、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』のように、庶民生活を面白おかしく描いた、滑稽な作り話が好まれた。版画では、多彩な色彩を表現できる技術が向上し、そのような技術で作られた版画は錦絵と呼ばれた。江戸から発生し、商人などの全国的交流や、出版・教育の普及によって各地に伝えられていった。また、これに伴い、内容も多様化していき、庶民へと浸透していった。風俗上で時代劇の舞台とされることが最も多いのがこの時代である。江戸時代前期に栄えた町人文化である元禄文化のときには、文化の中心は上方であったが、このころから文化の重心は江戸に移っていく(ただし、音楽における京流手事物や陶芸の京焼のように、上方で著しく発展を見たものもある)。また近年では元禄文化と化政文化の中間である18世紀後半の宝暦・明和・安永・天明年間に文化の転換期を見ることも多い(→宝暦・天明文化:戯作文学の誕生・錦絵の勃興・天明狂歌の隆盛・「江戸っ子」の成立)。
rdfs:label
  • 化政文化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of