Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学量論(かがくりょうろん、英語:stoichiometry)とは化学反応における量的関係に関する理論である。言い換えると、化学反応は反応系内の個々の分子が反応により決まる形式による組み換えであるから、反応に関与した量は比例関係が成立することから化学反応の量的関係を説明する理論である。速度論反応との対概念の(化学)量論反応については化学反応論に詳しい。stoichiometryの語はギリシャ語の根源要素(element, principle)を意味するstoicheionと計測(measure)を意味するmetronとに由来する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 159774 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58274928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学量論(かがくりょうろん、英語:stoichiometry)とは化学反応における量的関係に関する理論である。言い換えると、化学反応は反応系内の個々の分子が反応により決まる形式による組み換えであるから、反応に関与した量は比例関係が成立することから化学反応の量的関係を説明する理論である。速度論反応との対概念の(化学)量論反応については化学反応論に詳しい。stoichiometryの語はギリシャ語の根源要素(element, principle)を意味するstoicheionと計測(measure)を意味するmetronとに由来する。
rdfs:label
  • 化学量論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of