Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学反応(かがくはんのう、英語:chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化(chemical change)と同義である。一般に化学の領域、分野で扱われる。化学反応は、一個の分子内で起こる場合もあれば、同種あるいは異種の分子間で起こる場合もある。反応する物質を反応物(reactant)あるいは基質(substrate)、反応によって生ずる物質を生成物(product)と呼ぶ。化学反応に伴う反応熱は、核反応に伴う反応熱よりも一般には低い。だが三態間の状態変化のような物理変化に伴う熱よりは高い。外部からの刺激により(熱や電気など)、化学変化は起きる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55958271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学反応(かがくはんのう、英語:chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化(chemical change)と同義である。一般に化学の領域、分野で扱われる。化学反応は、一個の分子内で起こる場合もあれば、同種あるいは異種の分子間で起こる場合もある。反応する物質を反応物(reactant)あるいは基質(substrate)、反応によって生ずる物質を生成物(product)と呼ぶ。化学反応に伴う反応熱は、核反応に伴う反応熱よりも一般には低い。だが三態間の状態変化のような物理変化に伴う熱よりは高い。外部からの刺激により(熱や電気など)、化学変化は起きる。
rdfs:label
  • 化学反応
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of