加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助(とらのすけ)。熊本などでは現代でも清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助(とらのすけ)。熊本などでは現代でも清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。 (ja)
  • 加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助(とらのすけ)。熊本などでは現代でも清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。 (ja)
dbo:alias
  • 夜叉若(幼名)、清正 (ja)
  • 浄池院殿永運日乗大居士 (ja)
  • 虎之助/虎之介、主計頭(通称)、地震加藤、鬼将軍、肥後の虎(渾名) (ja)
  • 夜叉若(幼名)、清正 (ja)
  • 浄池院殿永運日乗大居士 (ja)
  • 虎之助/虎之介、主計頭(通称)、地震加藤、鬼将軍、肥後の虎(渾名) (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 65014 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 24521 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81257566 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:別名
  • 虎之助/虎之介、主計頭(通称)、地震加藤、鬼将軍、肥後の虎(渾名) (ja)
  • 虎之助/虎之介、主計頭(通称)、地震加藤、鬼将軍、肥後の虎(渾名) (ja)
prop-ja:墓所
  • 京都市山科区の本圀寺 (ja)
  • 山形県鶴岡市の天澤寺 (鶴岡市) (ja)
  • 東京都大田区の池上本門寺 (ja)
  • 東京都港区の覚林寺 (ja)
  • 熊本県熊本市の本妙寺 (ja)
  • 京都市山科区の本圀寺 (ja)
  • 山形県鶴岡市の天澤寺 (鶴岡市) (ja)
  • 東京都大田区の池上本門寺 (ja)
  • 東京都港区の覚林寺 (ja)
  • 熊本県熊本市の本妙寺 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 従五位下・主計頭、従五位上・侍従兼肥後守、従四位下、贈従三位 (ja)
  • 従五位下・主計頭、従五位上・侍従兼肥後守、従四位下、贈従三位 (ja)
prop-ja:戒名
  • 浄池院殿永運日乗大居士 (ja)
  • 浄池院殿永運日乗大居士 (ja)
prop-ja:改名
  • 夜叉若(幼名)、清正 (ja)
  • 夜叉若(幼名)、清正 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-24
prop-ja:氏名
  • 加藤清正 (ja)
  • 加藤清正 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
prop-ja:生誕
  • --06-24
prop-ja:画像
  • Katō Kiyomasa.jpg (ja)
  • Katō Kiyomasa.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 清正公/浄池院殿永運日乗大居士肖像 (ja)
  • (原本京都府勧持院所蔵の複製画) (ja)
  • 清正公/浄池院殿永運日乗大居士肖像 (ja)
  • (原本京都府勧持院所蔵の複製画) (ja)
prop-ja:
  • 肥後熊本藩主 (ja)
  • 肥後熊本藩主 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助(とらのすけ)。熊本などでは現代でも清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。 (ja)
  • 加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助(とらのすけ)。熊本などでは現代でも清正公さん(せいしょうこうさん、せいしょこさん)と呼ばれて親しまれている(清正公信仰)。 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人。秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名となる。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に荷担して活躍し、肥後国一国と豊後国の一部を与えられて熊本藩主になった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。 (ja)
rdfs:label
  • 加藤清正 (ja)
  • 加藤清正 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 加藤清正 (ja)
  • 加藤清正 (ja)
is dbo:bandMember of
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:revamp of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:家祖 of
is prop-ja:父母 of
is prop-ja:祭神 of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of