Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 加藤正将(かとう まさのぶ、1979年1月3日 - )は、日本のレーシングドライバー。茨城県ひたちなか市出身。常磐大学国際学部卒。父はレーシングカーメンテナンスの、(有)マーズレーシングファクトリー(ひたちなか市)を経営。同社は、自動車競技用リチウムイオンバッテリーのメーカー「braille BATTERY」の日本国内総輸入元である。また、加藤自身はAudi公認インストラクターも務め、虎ノ門ヒルズ前で期間限定OPENされていた「Audi quattro park」で常駐インストラクターとして2015年3月末まで勤務していた。インストラクター歴は長く、ツインリンクもてぎでは、「エンジョイAライ」「mote-laジョイフルスクール」で2001年より専任講師を務め、特にサーキット走行に特化したインストラクションには定評があり、同サーキットで開催されるの「K-TAI」では毎年大会総合アドバイザーとして、活躍している。2015年は、SUPER GT300クラスに出場する、「Audi Team Racing Tech」にリザーブドライバーとして登録されており、当初は鈴鹿1000km等の長距離レースの3rdドライバーで出場する予定だったが、Audi Sportより派遣されているファクトリードライバーの、クリスチャン・マメロウがニュルブルクリンク24時間でクラッシュをした為、代役で急遽Rd.3タイでの起用が決まった。第2回エビスサーキット車の学祭 3時間耐久レースにて優勝。カートでレースを始め、1998年~2000年、2002年~2004年、F4に参戦し、2004年、F4東日本選手権のチャンピオンを獲得。2003年~2004年には、全日本GT選手権参戦。2007年には、F4日本一決定戦で優勝し、最優秀選手賞も受賞する。同時に、横浜タイヤのスカラシップで翌年スーパー耐久ST2クラスに出場する。2012年には、再度JAF-F4選手権に出場し、Aクラスチャンピオンを獲得。2013年にSUPER GTに、LEON SLSで出場する。Rd.1:6位入賞、Rd.2:8位入賞と、安定した結果を残した。加藤自身は、全日本GT選手権時代も含め、出場したGTレースは100%の完走率を誇る。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 902803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59257355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --05-13
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 加藤正将(かとう まさのぶ、1979年1月3日 - )は、日本のレーシングドライバー。茨城県ひたちなか市出身。常磐大学国際学部卒。父はレーシングカーメンテナンスの、(有)マーズレーシングファクトリー(ひたちなか市)を経営。同社は、自動車競技用リチウムイオンバッテリーのメーカー「braille BATTERY」の日本国内総輸入元である。また、加藤自身はAudi公認インストラクターも務め、虎ノ門ヒルズ前で期間限定OPENされていた「Audi quattro park」で常駐インストラクターとして2015年3月末まで勤務していた。インストラクター歴は長く、ツインリンクもてぎでは、「エンジョイAライ」「mote-laジョイフルスクール」で2001年より専任講師を務め、特にサーキット走行に特化したインストラクションには定評があり、同サーキットで開催されるの「K-TAI」では毎年大会総合アドバイザーとして、活躍している。2015年は、SUPER GT300クラスに出場する、「Audi Team Racing Tech」にリザーブドライバーとして登録されており、当初は鈴鹿1000km等の長距離レースの3rdドライバーで出場する予定だったが、Audi Sportより派遣されているファクトリードライバーの、クリスチャン・マメロウがニュルブルクリンク24時間でクラッシュをした為、代役で急遽Rd.3タイでの起用が決まった。第2回エビスサーキット車の学祭 3時間耐久レースにて優勝。カートでレースを始め、1998年~2000年、2002年~2004年、F4に参戦し、2004年、F4東日本選手権のチャンピオンを獲得。2003年~2004年には、全日本GT選手権参戦。2007年には、F4日本一決定戦で優勝し、最優秀選手賞も受賞する。同時に、横浜タイヤのスカラシップで翌年スーパー耐久ST2クラスに出場する。2012年には、再度JAF-F4選手権に出場し、Aクラスチャンピオンを獲得。2013年にSUPER GTに、LEON SLSで出場する。Rd.1:6位入賞、Rd.2:8位入賞と、安定した結果を残した。加藤自身は、全日本GT選手権時代も含め、出場したGTレースは100%の完走率を誇る。
rdfs:label
  • 加藤正将
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of