Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 加東 康一(かとう こういち、1930年7月10日 - 1990年5月13日)は、日本の芸能評論家。千葉県市川市出身。『国際タイムス』の社会部記者などを経て、1960年、フリーの芸能評論家となり、新聞・雑誌で健筆をふるう一方、『テレビ三面記事』、『アフタヌーンショー』、『こんにちは2時』、『やじうまワイド』などテレビに出演。ラジオ・テレビ同時放送だったKBS京都「山崎弘士のお昼は天国」にも電話出演していた。いわゆる芸能レポーターの先駆け的存在である。当時、芸能界の独占的存在だったナベプロ体制を批判するなど、権威に屈さない反骨の人であった。1989年7月、舌癌のため舌・咽頭の全摘出手術をうけ、声を失う。それでも癌闘病記を出版し、仕事復帰に意欲を燃やしたが、1990年5月13日、肺癌転移のため死去。享年59。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 417558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 737 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52702295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 加東 康一(かとう こういち、1930年7月10日 - 1990年5月13日)は、日本の芸能評論家。千葉県市川市出身。『国際タイムス』の社会部記者などを経て、1960年、フリーの芸能評論家となり、新聞・雑誌で健筆をふるう一方、『テレビ三面記事』、『アフタヌーンショー』、『こんにちは2時』、『やじうまワイド』などテレビに出演。ラジオ・テレビ同時放送だったKBS京都「山崎弘士のお昼は天国」にも電話出演していた。いわゆる芸能レポーターの先駆け的存在である。当時、芸能界の独占的存在だったナベプロ体制を批判するなど、権威に屈さない反骨の人であった。1989年7月、舌癌のため舌・咽頭の全摘出手術をうけ、声を失う。それでも癌闘病記を出版し、仕事復帰に意欲を燃やしたが、1990年5月13日、肺癌転移のため死去。享年59。
rdfs:label
  • 加東康一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of