Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 劈掛掌(ひかしょう)とは河北省滄州を発祥地とする中国武術の1つであり、別名劈掛拳とも呼ばれる。門派名の由来は腕全体を上から切り下ろす動作『劈』と下から打ち上げる動作『掛』の名前と、ほとんどの技法を掌で行なうことに起因する。有名な使い手に黄林彪や馬鳳図、その弟である馬英図などがいる。なお、日本語中の漢字としての「劈」には「ひ」という読み方はなく、「へき」と読むべきであるが、中国語の読み方「pi」を受けた「ひ」という読み方が、日本においては長年使われており、本項はその慣例に従う。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1162369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1099 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48230516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 劈掛掌(ひかしょう)とは河北省滄州を発祥地とする中国武術の1つであり、別名劈掛拳とも呼ばれる。門派名の由来は腕全体を上から切り下ろす動作『劈』と下から打ち上げる動作『掛』の名前と、ほとんどの技法を掌で行なうことに起因する。有名な使い手に黄林彪や馬鳳図、その弟である馬英図などがいる。なお、日本語中の漢字としての「劈」には「ひ」という読み方はなく、「へき」と読むべきであるが、中国語の読み方「pi」を受けた「ひ」という読み方が、日本においては長年使われており、本項はその慣例に従う。
rdfs:label
  • 劈掛掌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of