Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 副省級市(ふくしょうきゅうし)は中華人民共和国の地方自治体の一種であり、とくに重要な地級市(二級行政区)で大幅な自主権が与えられる都市。副省級市の市長は副省長と同じ序列である。1994年2月24日、中央機構編成委員会で制度が新設された。地級市として省の管轄下にあるが、経済・財政と法制の面で省と同程度の自主権が認められている。中国語では「副省級城市」と言う。城市とは都市の意味である。また、上海市の浦東新区と、天津市の浜海新区は副省級区に指定されている。現在、以下の15地級市が副省級市に定められている。省都が多いが、そうでない都市もある。省都哈爾浜市(黒竜江省)長春市(吉林省)瀋陽市(遼寧省)済南市(山東省)南京市(江蘇省)杭州市(浙江省)広州市(広東省)西安市(陝西省)武漢市(湖北省)成都市(四川省)経済特区廈門市(福建省)深圳市(広東省)経済技術開発区大連市(遼寧省)  青島市(山東省)  寧波市(浙江省)その他 (新疆生産建設兵団)かつて中華民国期には、哈爾浜、瀋陽、南京、広州、西安、武漢(漢口)、大連、青島が直轄市であった。 なお、重慶市はかつては副省級市であったが、1997年に一級行政区(省と同じレベル)である直轄市に移行した。現在、哈爾浜と成都が最大の副省級市で、人口では直轄市である天津市を凌ぐ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 208159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 993 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56337955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 副省級市(ふくしょうきゅうし)は中華人民共和国の地方自治体の一種であり、とくに重要な地級市(二級行政区)で大幅な自主権が与えられる都市。副省級市の市長は副省長と同じ序列である。1994年2月24日、中央機構編成委員会で制度が新設された。地級市として省の管轄下にあるが、経済・財政と法制の面で省と同程度の自主権が認められている。中国語では「副省級城市」と言う。城市とは都市の意味である。また、上海市の浦東新区と、天津市の浜海新区は副省級区に指定されている。現在、以下の15地級市が副省級市に定められている。省都が多いが、そうでない都市もある。省都哈爾浜市(黒竜江省)長春市(吉林省)瀋陽市(遼寧省)済南市(山東省)南京市(江蘇省)杭州市(浙江省)広州市(広東省)西安市(陝西省)武漢市(湖北省)成都市(四川省)経済特区廈門市(福建省)深圳市(広東省)経済技術開発区大連市(遼寧省)  青島市(山東省)  寧波市(浙江省)その他 (新疆生産建設兵団)かつて中華民国期には、哈爾浜、瀋陽、南京、広州、西安、武漢(漢口)、大連、青島が直轄市であった。 なお、重慶市はかつては副省級市であったが、1997年に一級行政区(省と同じレベル)である直轄市に移行した。現在、哈爾浜と成都が最大の副省級市で、人口では直轄市である天津市を凌ぐ。
rdfs:label
  • 副省級市
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:class of
is foaf:primaryTopic of