剣(つるぎ、けん、劍)とは、長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。現代の長剣は儀礼用としてのみ使われる。諸刃である点で刀と区別するが、文脈で広義に刀を含むこともある。なお、刃の両側に角度がつけてあり、左右両側から研ぐ刃物(断面がV字状)の刃物も両刃と言われるため、本項では刀身の両側に付けられた刃については「諸刃」と統一する。

Property Value
dbo:abstract
  • 剣(つるぎ、けん、劍)とは、長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。現代の長剣は儀礼用としてのみ使われる。諸刃である点で刀と区別するが、文脈で広義に刀を含むこともある。なお、刃の両側に角度がつけてあり、左右両側から研ぐ刃物(断面がV字状)の刃物も両刃と言われるため、本項では刀身の両側に付けられた刃については「諸刃」と統一する。 (ja)
  • 剣(つるぎ、けん、劍)とは、長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。現代の長剣は儀礼用としてのみ使われる。諸刃である点で刀と区別するが、文脈で広義に刀を含むこともある。なお、刃の両側に角度がつけてあり、左右両側から研ぐ刃物(断面がV字状)の刃物も両刃と言われるため、本項では刀身の両側に付けられた刃については「諸刃」と統一する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 33926 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 69874 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80494072 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --06-25
  • --06-27
prop-ja:reference
  • トマス・D・コンラン「南北朝期合戦の一考察」 (ja)
  • トマス・D・コンラン「南北朝期合戦の一考察」 (ja)
prop-ja:title
  • 刊行時期の情報を欠くために特定が困難で、出典として難があります。 (ja)
  • 作品全般について。 (ja)
  • 刊行時期の情報を欠くために特定が困難で、出典として難があります。 (ja)
  • 作品全般について。 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 剣(つるぎ、けん、劍)とは、長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。現代の長剣は儀礼用としてのみ使われる。諸刃である点で刀と区別するが、文脈で広義に刀を含むこともある。なお、刃の両側に角度がつけてあり、左右両側から研ぐ刃物(断面がV字状)の刃物も両刃と言われるため、本項では刀身の両側に付けられた刃については「諸刃」と統一する。 (ja)
  • 剣(つるぎ、けん、劍)とは、長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。現代の長剣は儀礼用としてのみ使われる。諸刃である点で刀と区別するが、文脈で広義に刀を含むこともある。なお、刃の両側に角度がつけてあり、左右両側から研ぐ刃物(断面がV字状)の刃物も両刃と言われるため、本項では刀身の両側に付けられた刃については「諸刃」と統一する。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:attributes of
is prop-ja:type of
is prop-ja:weapon of
is prop-ja:使用武器 of
is prop-ja:出土品 of
is prop-ja:武器 of
is prop-ja:武器銘 of
is prop-ja:象徴 of
is prop-ja:趣味 of
is foaf:primaryTopic of