Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 前頭葉(ぜんとうよう、英: Frontal lobe)は、哺乳類の脳の一部である。大脳の葉のひとつ。前頭葉は両側の大脳半球の前部に存在し、頭頂葉の前側、側頭葉の上前方に位置する。前頭葉と頭頂葉の間には一次運動野が存在する。一次運動野は中心前回に関連付けられた特定の身体部位の随意運動を制御している。前頭葉が完全に成熟するのは25歳前後と言われており、これは成人期の認知的成熟の印とされている。UCLA のアーサー・トーガ (Arthur Toga) の研究によって、前頭葉の白質の髄鞘は10代の被験者より若い成人の被験者において増加していることが発見された。成人期初期における統合失調症の典型的な発症は、不十分なミエリン化と、それによって引き起こされる前頭の細胞間の非効率的な結合とに関連がある。 大脳皮質のドーパミン感受性ニューロンの大半は前頭葉に存在する。ドーパミン系は報酬、注意、長期記憶、計画や意欲と関連付けられている。ドーパミンは、視床から前頭へと伝えられる感覚情報の制限、及び選択に関連しているとされている。米国国立精神保健研究所の報告によると、前頭前皮質におけるドーパミン活性の減少を起こす遺伝子変異はワーキングメモリ課題における成績の低下と課題中の前頭前皮質の機能の低下とに関係し、統合失調症のリスクをわずかに増加させると報告されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1264784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55995429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:anatomographypartsid
  • FMA61824
prop-ja:brederoiNumber
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:meshname
  • Frontal+Lobe
prop-ja:meshnumber
  • A08.186.211.730.885.213.270
prop-ja:neuronamesid
  • 56 (xsd:integer)
prop-ja:nif
  • Frontal lobe
prop-ja:sylviusidS
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グレイの解剖学
  • 189 (xsd:integer)
prop-ja:グレイの解剖学段落
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:マップ
  • 大脳外側面
prop-ja:マップ脚注
  • 主要な脳溝と葉を側面から見た図。前頭葉は左側に青く示されている。
prop-ja:ラテン語
  • lobus frontalis
prop-ja:上位構造
prop-ja:動脈
prop-ja:名称
  • 前頭葉
prop-ja:構成要素
prop-ja:画像
  • Gray726 frontal lobe.png
prop-ja:略号
  • FL
prop-ja:脚注
  • 左大脳半球の外側面。オレンジ色の所が前頭葉。中心溝より前、外側溝より上、の領域として前頭葉は定義される。
prop-ja:英語
  • Frontal lobe
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 前頭葉(ぜんとうよう、英: Frontal lobe)は、哺乳類の脳の一部である。大脳の葉のひとつ。前頭葉は両側の大脳半球の前部に存在し、頭頂葉の前側、側頭葉の上前方に位置する。前頭葉と頭頂葉の間には一次運動野が存在する。一次運動野は中心前回に関連付けられた特定の身体部位の随意運動を制御している。前頭葉が完全に成熟するのは25歳前後と言われており、これは成人期の認知的成熟の印とされている。UCLA のアーサー・トーガ (Arthur Toga) の研究によって、前頭葉の白質の髄鞘は10代の被験者より若い成人の被験者において増加していることが発見された。成人期初期における統合失調症の典型的な発症は、不十分なミエリン化と、それによって引き起こされる前頭の細胞間の非効率的な結合とに関連がある。 大脳皮質のドーパミン感受性ニューロンの大半は前頭葉に存在する。ドーパミン系は報酬、注意、長期記憶、計画や意欲と関連付けられている。ドーパミンは、視床から前頭へと伝えられる感覚情報の制限、及び選択に関連しているとされている。米国国立精神保健研究所の報告によると、前頭前皮質におけるドーパミン活性の減少を起こす遺伝子変異はワーキングメモリ課題における成績の低下と課題中の前頭前皮質の機能の低下とに関係し、統合失調症のリスクをわずかに増加させると報告されている。
rdfs:label
  • 前頭葉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ispartof of
is prop-ja:上位構造 of
is prop-ja:構成要素 of
is prop-ja:脚注 of
is foaf:primaryTopic of