Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 前頭側頭型認知症(ぜんとうそくとうがたにんちしょう、英: Frontotemporal dementia、FTD)は前頭側頭葉変性症の臨床症状である。主に前頭葉と側頭葉の両方あるいは片方を巻き込んで神経細胞の脱落が進行すること、そして紡錘形神経細胞(spindle neuron)の典型的には70%以上が脱落するのに対して他の種類の神経細胞は無傷であることが特徴である。この認知症は1892年にアーノルド・ピック(Arnold Pick)によって初めて記述され、もともとはピック病と呼ばれていた。認知症の中で罹患率が前頭側頭型認知症より高いのはアルツハイマー型認知症だけであり、前頭側頭型認知症の患者は認知症を発症した若い患者の中で20%を占める。徴候や症状は成人後期に、より一般的には55歳から65歳の間に現れる。男性と女性はほぼ等しく発症する。一般によく見られる徴候や症状には社会的および個人的行動の著しい変化、無関心、感情の鈍麻、そして表出言語と受容言語の両方における欠損がある。現在のところ、前頭側頭型認知症のための治療法は存在しないが、症状を緩和するのを助ける処置は存在する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3189362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56605909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 前頭側頭型認知症(ぜんとうそくとうがたにんちしょう、英: Frontotemporal dementia、FTD)は前頭側頭葉変性症の臨床症状である。主に前頭葉と側頭葉の両方あるいは片方を巻き込んで神経細胞の脱落が進行すること、そして紡錘形神経細胞(spindle neuron)の典型的には70%以上が脱落するのに対して他の種類の神経細胞は無傷であることが特徴である。この認知症は1892年にアーノルド・ピック(Arnold Pick)によって初めて記述され、もともとはピック病と呼ばれていた。認知症の中で罹患率が前頭側頭型認知症より高いのはアルツハイマー型認知症だけであり、前頭側頭型認知症の患者は認知症を発症した若い患者の中で20%を占める。徴候や症状は成人後期に、より一般的には55歳から65歳の間に現れる。男性と女性はほぼ等しく発症する。一般によく見られる徴候や症状には社会的および個人的行動の著しい変化、無関心、感情の鈍麻、そして表出言語と受容言語の両方における欠損がある。現在のところ、前頭側頭型認知症のための治療法は存在しないが、症状を緩和するのを助ける処置は存在する。
rdfs:label
  • 前頭側頭型認知症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of